生稲晃子、遊説中の銃撃受け『民主主義の根幹を否定するもの』

生稲晃子、遊説中の銃撃受け『民主主義の根幹を否定するもの』

自民党の東京選挙区(改選数6)立候補者で、女優でタレントの生稲晃子が8日、自身のインスタグラムを更新。安倍晋三元首相の突然の訃報を受け、「今回の凶行は、選挙という民主主義の根幹を否定するものです。」と遊説中の暴力に怒りを覚えた。

同投稿で生稲は、「安倍晋三元総理のご訃報に接し、心からご冥福をお祈り申し上げます。」と追悼。「今回の凶行は、選挙という民主主義の根幹を否定するものです。こんなにも卑劣な行為を絶対に許すことはできません。」と怒りに震え、「明日も応援に駆けつけて頂くはずでした。本当に悔しいですが私はテロに屈しません。謹んで哀悼の誠を捧げます。」と胸中を記した。

続けて、「本日は選挙活動を自粛しましたが、明日の最終日は、暴力に屈しないという断固たる決意の下、活動再開します。」と当初の予定通り活動するとし、「安全確保に留意し、対応を徹底して参ります。ご理解を宜しくお願い申し上げます。」と訴えた。

画像引用:インスタグラム

1件の返信



  1. 匿名 より:

    とても悲しいです。残念です。
    日本のために持病がありながらもご尽力下さって
    ありがとうございました。
    ご功績は一生忘れません。
    安倍元総理のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    生稲氏は当選なさった暁には
    是非安倍元総理の御遺志を受け継ぐ様な
    政治家になられますよう願います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。