松居一代、マンハッタンから追悼『お母様のことを想うと…辛過ぎます』

松居一代、マンハッタンから追悼『お母様のことを想うと…辛過ぎます』

タレントの松居一代が9日までに自身のブログを更新。安倍晋三元首相の訃報を受け、滞在中のマンハッタンから追悼した。

現在、マンハッタンの自宅に滞在中の松居。同投稿では、「安倍元総理の事件を日本のネットニュースで観ております 日本でこんなことが起きるとは…まずは驚きました」と突然の訃報に驚きを隠せない様子で、「ご高齢でいらっしゃい お母様のことを想うと… 辛過ぎますね マンハッタンからではございますが、、、ご冥福をお祈り申し上げます」と悼んだ。

続けて、「海外では日本の警備の甘さが話題になっていますね」と今回の警護、警備に関する問題を指摘。「確かに警備の部分を外国から批判されても仕方ないでしょうね 残念ながら…みなさんに危機感がなかったんですよ」と嘆き悲しみ、また「しかし、手製のピストルでしょう ピストルって…自分で作れるんですね はじめて知りました、、、」と記した。

画像引用:アメブロ

2件のフィードバック



  1. 匿名 より:

    滋賀県の大恥さらし。
    お母様❗️何やら金持ちぶって書いてるけど、
    船越さんの時から不審人物だと思ってるから下品極まりないですよ

  2. 匿名 より:

    同和の恥さらし



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。