薬丸裕英、肘の痛みで整形外科を受診『今回は左腕のテニス肘です!!』

薬丸裕英、肘の痛みで整形外科を受診『今回は左腕のテニス肘です!!』

タレントの薬丸裕英が14日、自身のブログを更新。上腕骨外側上顆炎と診断されたことを明かした。

同日、左肘の痛みで整形外科を受診した薬丸は、「レントゲン撮影をしましたが骨には異常なし」と報告。その後の診察では、「診断結果はテニス肘(上腕骨外側上顆炎) 6年前には右腕のテニス肘!今回は左腕のテニス肘です!!」と明かし、「湿布とテニス肘用バンドで経過観察…… 。」と、渡された肘用サポーターを公開した。

2016年6月に同じ診断を受けた際には、「ちなみにテニスはしていません」と薬丸。「男性だけではなく主婦の方も増えていると病院の先生が仰ってました。皆さんもお気をつけください」と呼びかけていた。

今回の症状に、ネット上では「私も長年テニス肘です。基本的に肘を使うと治らない感じです。」「薬丸さんはばね指もやったし、普段の筋肉の使い方にクセがあるのかもしれないですね。」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

2件のフィードバック



  1. 匿名 より:

    薬丸さんお大事に。
    奥様の秀美さん。お料理上手で綺麗な 
    方ですね。

    • 匿名 より:

      病気や私生活ご披露&自慢は元カノとそっくりwwwww



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です