大腸憩室炎の大島奈保美、息子と窓越し面会で『なんだか恋人同士みたい』

大腸憩室炎の大島奈保美、息子と窓越し面会で『なんだか恋人同士みたい』

大腸憩室炎の診断を受け入院中のブロガー・大島奈保美が28日、自身のブログを更新。息子と窓越しの面会を果たし「うわっ、なんだか恋人同士みたいで恥ずかしくなってきました」と照れを綴った。

25日のブログでは、「皆様、なななんと!入院になってしまいました」と大腸憩室炎で緊急入院したことを報告していた大島。「お腹痛い頭も痛いのダブルパンチです しばらく絶食で抗生剤、痛み止めの点滴治療を受けます。」と体調を明かしつつ、今後の治療方法を綴っていた。

28日のブログでは、病室内でのサングラス姿の自撮りショットをアップし「まだ針は置いてありますが明日の採血の結果で このまま点滴は終了になるかもしれないのです おかげさまで順調な回復なようでとっても嬉しいです」と順調に回復していることを報告。さらに、「嬉しいといえばもう一つ とっても嬉しいことがありました」と息子が見舞いに訪れたことを明かし、「会えなかったのですが…窓越しに会えたのです うわっ、なんだか恋人同士みたいで恥ずかしくなってきました」とそのシチュエーションに照れた。

続けて、「パジャマの他にサングラスもマスクもポカリスエットも持ってきてくれました。」と息子からの差し入れ内容を明かし、「お部屋の中は明るいので 私の場合は、サングラスがあると助かります。」と思いやりに感謝した。

画像引用:アメブロ

32件のフィードバック


4 / 4«1234

  1. 365 より:

    Aw, this was an extremely good post. Taking a few minutes and actual effort to produce a superb article… but what can I say… I hesitate a lot and don’t
    seem to get nearly anything done.


4 / 4«1234

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です