大島奈保美、区民健診の対応に不満爆発『色々な意味で 残念です』

大島奈保美、区民健診の対応に不満爆発『色々な意味で 残念です』

アメブロガーでライターの大島奈保美が28日、自身のブログ「家族とともに歩む『この道』」を更新。区民健診の問い合わせ対応への不満を綴った。

24日のブログにて、期限が2月15日までの区民健康診査のお知らせをアップしつつ「受診可能な期限が迫ってきているのですが…正直、今この時期にお医者さんに行くのは少し怖いです。期限の延期が可能ならば もう少し先にしたいそれが本音です。」とコロナ感染を危惧していた大島。

28日の投稿では「区民検診について区役所に問い合わせをしてみましたが 私が想像していた通りの結果となりました。」と切り出し、問い合わせに対する役所の返答について『これは医療機関との契約ですので、期限の延期は出来ません。 どうしても気が進まないということでしたら5月になれば、次年度の検診票が送付されますので、それでお受けになればいかがですか?』とシェアした。

これに納得のいかない大島は「いえいえ 私は毎年1月に受けていて今はコロナの爆発的感染が心配なのでという相談だったのですが…」と反論し、「そういうケース自体に何らかの対応があるのか?を聞きたかったのですが…そうですか 分かりました2月15日の期限内に受けます!ということで終わりました 色々な意味で残念です。」と話の噛み合わない担当者に苛立ちを爆発させた。

この投稿に、ブログ読者からは「見事なクレーマーで草」「何から何まで行政に文句つけすぎ」「もっと早く受けてればよかったのでは?」「ギリギリまで放置してたのはどこのどなた」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

23件のフィードバック


3 / 3«123

  1. 匿名 より:

    なんで次年度じゃ嫌なのかさっぱりわからない。
    子どもたちは机を向かい合わせにすることもなく
    黙食を続けているんですよ。
    今年度が次年度になるなら早々にその時行きゃいいじゃん。
    いい大人が何言ってる!


3 / 3«123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。