大島奈保美『運命と覚悟と』"ぱっと思い出したパパの言葉"をシリーズ化へ

大島奈保美『運命と覚悟と』”ぱっと思い出したパパの言葉”をシリーズ化へ

アメブロガーでライターの大島奈保美が26日夜、「運命と覚悟と」のタイトルでアメブロを更新。「ぱっと思い出したパパの言葉があったならば これからはここに綴らせて頂こうかなと思っています。」と新たなシリーズを告知した。

第一弾となる言葉は「一昨年、志村けんさんが亡くなられるという悲しいニュースが届いた頃だったと思います。」とした上で、「俺は、もう ガンで死ぬのか コロナで死ぬのかどちらが早いか、ということだと思う。どちらにせよそれが運命だ。」と自分の運命について話していたことをシェア。

当時、コロナ禍に思うこととして「コロナにせよ他の病気にせよ そのまま助からないこともあるかもしれない。冷たい言い方かもしれないが それがその人の寿命であり運命なのだと、俺はそう受け止めるしかないと思っている。」と常に死を覚悟していたことや、一方では「でもな、それはあくまでもその命を助ける為に最大限力を尽くしてもらったからこそ思えること。そうでなければ絶対に!俺は許せんな…」と医療機関へ複雑な思いを抱いていたようだった。

思い出した夫の言葉に、大島は「きっと、彼はかなり早い時期から 自分の運命を受け入れ ならば寿命までどう生きるか、に気持ちをシフトしていたのだと思います。心配と不安でオロオロする私達を尻目に(笑)」と振り返り、「俺は俺で一生懸命生きるから 一緒に歩いてくれる先生たちも、そこに精一杯の力を貸して欲しい そういうメッセージだったのだと思います。」と記した。

画像引用:アメブロ

17件のフィードバック


2 / 2«12

  1. 匿名 より:

    明るい色の春物セーター
    https://archive.ph/ctqRC

    トイレのレバーの場所
    https://archive.ph/4HPrG

    • 匿名 より:

      ユニクロファッション好きですねー
      そろそろ年代に合った
      上質な洋服を着ましょうよ!

  2. 匿名 より:

    ふっ。ガストですか?一品注文で割り引きカード?
    オフィシャルブログですよね?これで一更新のアクセス稼ぎ?
    なんですかコレ?
    ふざけてませんか?

  3. 匿名 より:

    この昔の写真お気に入りなんですね。
    何度も見たことありますよ。

  4. 匿名 より:

    ガストでドリア
    https://archive.ph/anmgS

    • 匿名 より:

      サラダも飲み物も無し
      みじめな元監督夫人

    • 匿名 より:

      コロナ禍で
      ファミレス行っちゃいますぅ〜?
      ぼっちランチ、寂しいですねー


2 / 2«12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。