堀ちえみ、美しい所作の原点を振り返る『インプットしたのが中学生の頃』

堀ちえみ、美しい所作の原点を振り返る『インプットしたのが中学生の頃』

タレントの堀ちえみが25日、自身のブログを更新。自身の美しい所作の原点を振り返った。

幼少期から美しい所作に憧れ「余韻を残す仕草」が好きだったという堀。逆に「物をバンと置いたり、髪をかき上げたあと手をサッとおろしたり、お食事の途中でナフキンでお口を拭く時に、忙しめにゴシゴシッという動きなどが、とても苦手でした。」とガサツな振る舞いには目を背けてきたようで、「空気を掴むようなと表現すれば良いのか、風に乗って身体が動くというか…余韻を残すような仕草や動きが好き。それが好きで自分の身体の中に、インプットしたのが中学生の頃でした。」と原点を振り返った。

続けて「祖父がライオンズクラブの会長をしていた時、ファミリーで食事会が、よく開催されていました。私もそのパーティーには幼い頃から、祖父に連れて行ってもらい、今から思えばその場は、とてもいい社交の場で、刺激的でもありました。」とお嬢様な体験を告白。その中で「とても所作の美しい、ご婦人がいらしてましてね。」といい、「その方の仕草が優雅で美しく。ナイフやフォークを手に取る前に、腕や手首の動きが柔らかく風に乗るように。そしてそれらを掴む時には、まるで空気を掴むような、そんなワンアクションがあってからの、ナイフを手に取る動き。」と美しい所作に感銘を受けたことを綴った。また、それ以来「そのように振る舞えるよう、身体に刷り込んでいった」とコツコツと努力したことを明かした。

一方では、そういった堀の変化に気付いたのは「デビュー前からお世話になっていた、事務所の寮母さんだけでした あとにも先にも(笑)」と苦笑いし、それでも「余韻を残す仕草は、その後いろいろな場面で役立ちました。歌を歌ったあとの、お辞儀をする時にも。ゆっくりと余韻を残して九十度に。そしてゆっくりゆっくりと上げて!顔をゆっくり上げて、感謝の気持ちで笑顔。と訓練受けましたから」と理想の自分を求め、根気よく続けたことを明かした。

この投稿に、ブログ読者からは「余韻を残す仕草‪w 意味不明です」「自分を美化し過ぎ。」「パパッとササっとやっちゃう人でしたよね?」「講演会で、かかってこいやーと言う人が何を言っているのか」「味噌汁、旨い!とか言う人が急に お口をナフキンで なんてどうしました?」「爺ちゃんの自慢話したかったのね」など、普段のブログキャラクターとのギャップに冷ややかなコメントが目立った。

画像引用:アメブロ

881件のフィードバック


52 / 581...«5051525354»...58

  1. 匿名 より:

    自称40周年ライブに向けて?
    え?ライブするの?33周年なのに?唄えないのに?

  2. 匿名 より:

    堀が中学生の頃、インプットって言葉はあったかもしれないけど中学生が使うような一般的なものではなかったはず。
    当時の言葉で表してくださいよ。
    卑怯でわかりにくい言い方やめたらどう?
    余韻のある所作をどうされました?

  3. 匿名 より:

    搾りカスって味なさそうだけど料理に入れて美味しいのかな?

  4. 匿名 より:

    家族で会話もはずみって、、ご主人の席は写さないのね。また3人?

    • 匿名 より:

      さりげなく自分の料理の横上に器をわざと写し込んでます。
      あれは子供の分を写真用に置いたんだね。
      腸は今日もいないよ~

  5. 匿名 より:

    魚拓16
    今夜も野菜たくさん摂りました^ ^
    https://archive.ph/0TgYw


52 / 581...«5051525354»...58

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。