大島奈保美、墓参りの記憶が曖昧『あれ?今年は行ったかしら?』

大島奈保美、墓参りの記憶が曖昧『あれ?今年は行ったかしら?』

アメブロガーでライターの大島奈保美が13日、自身のブログ「家族とともに歩む『この道』」を更新。最後の墓参りの記憶が曖昧なことを明かし「息子と一緒にお墓参りに行こう!」と思い立ったことを綴った。

夫を亡くしたことにより、大島は「否応なく変わってしまった日々をそれでも懸命に生きて アクセルとブレーキの使うタイミングも無意識の中で行われていて 自分をコントロールすることが難しい そう感じる日が時々やってきます。」と今なお気持ちの整理がついていないことを告白。「向き合うしかない 乗り越えるしかない それを自分に言い聞かせる 心の色も、日々違うのです。」と日々の葛藤を明かし、また、「早朝、酷い頭痛で目が覚めました。ここ数日、頭痛が辛いです。」と持病の偏頭痛も精神的に影響しているのか「ごめんなさいこんなお話ばかりで。自分でもそんな自分が嫌になります」と読者へお詫びした。

続けての更新では「毎年、お正月に 主人はお墓参りをしていました。それは、現役時代からずっと続けてきたことだそうです。」と亡き夫の墓参りショットを公開し、「あれ? お墓参り…今年は行ったかしら?何となく行った記憶はあるけれど…その記憶は今年のものかしら?」と曖昧な記憶を記した大島。「近く 私も、息子と一緒にお墓参りに行こう!お義父さん、お義兄さんとお話をしてこよう!」と思い立ち、さらに「お墓の継承の手続きもしなければ、です。私…ではなく長男なのかな?と考えています。」と今後のプランをシェアした。

夜の更新では「先日、主人の本を読みました。息子たちの言葉を読みました。」と改めて書籍を手に取ったことを報告。そこには息子たち目線の夫が記されていたようで、「尊敬すべき父親だった、と この人が居てくれれば大丈夫!という安心感を与えてくれる強くて偉大な父親だった、と そのような言葉が綴られていました。」と紹介。そんな息子たちの思いに大島は「私も全く同じです。二人が感じていたそのままです。」といい、「スゴいなぁ、パパは。家族にさえも誰にも弱みを見せてないんだもの。スゴ過ぎるよ。スゴ過ぎて私が困っちゃうじゃない」と尊敬の念を示した。

この日の投稿に、ブログ読者からは「お墓まいりを忘れる事にビックリ!」「あまりこういった場所で撮影するのは…」「伴侶の為に一生懸命頑張るのが、妻の役目なのに。」「年末、お墓をキレイにしてあげなかったんだ」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

25件のフィードバック


3 / 3«123

  1. 匿名 より:

    歯医者さん
    https://archive.fo/Mkyvm

  2. 匿名 より:

    “祭より 3 ” 切なさと祈り
    https://archive.ph/CIqaH

    • 匿名 より:

      両方のブログでチャリンチャリンですな!
      ガメツイのう。

    • 匿名 より:

      息子を使った本の宣伝でランキング落としているのに、懲りずに犬ポエムするの?

  3. 匿名 より:

    どんな時でも食べる!
    https://archive.ph/yQQJ8

    • 匿名 より:

      魚拓さんありがとうございます。

      明日は歯医者ですとか無いから怪しくないですか?

    • 匿名 より:

      お昼に肉まん食べてその後歯科診療とは、エチケットに欠けますな!餃子同様肉まんも匂うよ!


3 / 3«123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。