堀ちえみ、術後3年診察を報告『初めて嬉しい涙が溢れました』

堀ちえみ、術後3年診察を報告『初めて嬉しい涙が溢れました』

タレントの堀ちえみが24日、自身のブログを更新。舌癌術後3年の診察、外食ランチ・夕食について綴った。

この日「チーズ・ハム・トマト・レタス。美味しい。可愛いボックスに入っていて、見た目も可愛くて癒される」とブログ定番の外食ランチを紹介しつつ、先日、大学病院で受けた検査結果について「画像検査の結果。特に異常はなく、今のところは問題ありませんでした。本当に良かったです。」と報告した堀。「今日はいつものタリーズの席で、初めて嬉しい涙が溢れました。悔しい涙、悲しい涙、寂しい涙を流した席で。」と感傷的になったようで、「あれだけ放置してしまった、見つけられなかったがん、先生方を始めとする、医療スタッフの皆様、言語聴覚士の先生、救っていただきまして、ありがとうございました。」と感謝の気持ちを綴った。

現状について堀は「今日のランチは格別ですね。こうやって今は普通に食事も摂れているし。」といい、「舌の切除範囲も決して小さくはなかったけど、あれだけ長い期間見つけられなくて、これぐらいで済んで良かった。言語も歌も努力すれば済むことだから。次は術後5年に向けて。」と説明した。

続けての更新では「言語聴覚士の先生による、リハビリも終えました。今は月に一回のペースとなりました。」と報告。「なるべく言葉がこもらないように。意識しながら口角を上げて話をすること。よし!今から気をつけよう。」と課題を見つけたようで、「癖は早いうちに治すが得策。」とした。

夕食の更新では「美味しいビストロがある!という噂は聞いていました。ところが私たちが予約をするタイミングは、いつも満席でね。なかなか行くことができなかったお店。今回やっと予約が取れました。」とコロナ禍で空いていたのか、フレンチを食べに行ったことを報告。「お魚とお肉、どちらも出てくるコースでした。お魚の赤いソースはビーツと牛の出汁のソース。私大好きです!」とはしゃぎ、「お肉がね、もう柔らかくって しあわせでした。食材もやさしいものが多く使われています。」と食レポした。

帰宅後の更新では「オレンジ・さくらんぼ・雪化粧いちじく。」などドライフルーツを食べたことを報告。「蔓延防止のため、コース料理を堪能しても、早めに食べ終わるので、家での寛ぎタイムが長くなりました。」と早めに切り上げるようになったようで、「家にストックしてある、コーヒーや紅茶やお茶。確実に消費量が増えました。あっあと少しだけお酒の方の減りもね」とパントリー事情を明かした。

この日の投稿に、ブログ読者からは「完全にコロナ禍前の生活に戻ったのですね。」「気になってる店がたーくさんありますね」「毎日毎日同じ内容ブログ」「>今回やっと予約が取れた 常識のある人は外出外食を避けているからだよ」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

865件のフィードバック


73 / 731...«6970717273

  1. 匿名 より:

    ほう、あの茶番から3年ですかー

    >「この年齢になると、あまり頑張りたくないし、」
    あんたが頑張った事なんて、今までにも何ひとつ無いだろ!

    • とく匿名 より:

      一昨日もドナタかのコメントがありましたが三男を出産された時の大量の出血で一時意識が遠退いたとか急性膵炎になったりでその頃は散々実母に心配や世話をかけておいて今では絶縁だってね。あの舌ガンの手術で入院の時だって距離を置いていたのに娘可愛さに連絡を取り回り面会(お見舞いか付き添い)に来てくれたのに尼子旦那を介して追い返した…。たぶんその行為に実母も実妹も相当ブチキレたでしょうね。渡した手紙も最後通告だったのかも?これで(逆に)完全に勘当されたよね堀さん。だから後日女性週刊紙(女性自身でしたか?)の取材には「ちえみよりも末の娘の方が病気が重い!」と捨てゼリフを言ったんでしょ?もしかして堀さんの実家では真実の病名を把握しているのでしょうか?お世話になった看護師さんやら執刀医に(尼子家には内緒で)御礼して病名や入院中の態度の全てを知った上でのマスコミ対応で。それを知らないのは尼子一家と当の堀ちえみ…ってか?

  2. 匿名 より:

    事務所なのに複合機じゃないんだ


73 / 731...«6970717273

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。