Kokiがまたもやゴリ押し..未出演で映画賞受賞に批判殺到「失礼すぎる」「メンタルがくそダサい」の声

木村拓哉と工藤静香の次女で、今年5月にモデルデビューしたKokiが26日、ELLE主催の「ELLE CINEMA AWARDS 2018」の授賞式に出席。エンタメ界において今年最も輝いており、これからの活躍を応援したい女性に贈られる「エル・ガール ライジングスター賞」を獲得した。映画出演経験がない受賞者は今回が初めてのよう。

 

受賞についてKokiは、「とても光栄に思います。5月のELLEからスタートさせていただいて、いろんな経験をさせていただきました」と回答。「素敵なクリエイターさんやスタッフさんと撮影させていただいてうれしかったです」と振り返り、「もっともっと経験を重ねて、いろいろなキャラクターを演じられるモデルになりたいと思います」と語った。

しかし、映画見経験の新人モデルに映画賞を与えたことにネット上では批判が殺到。「頑張ってる俳優たちに失礼すぎる」「お金で買ったのかな」「狂ってる」「すごい神経をしている」「メンタルがくそダサい」「俺も貰えるかな? 映画出てないけど」「哀れに思えてきた」などの声が寄せられた。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。