JOY "抜き打ち薬物検査"を提言→大反対の芸能人らがこちら...

JOY “抜き打ち薬物検査”を提言→大反対の芸能人らがこちら…

20日の『とくダネ!』(フジテレビ系)に、モデルでタレントのJOYがゲスト出演。ツイッターで呟いた内容が物議を醸していた「これだけ芸能人の薬物逮捕が多いなら1年に一度の薬物検査のルールを設けたらいいのに。抜き打ちでもいいですし」というツイートについてスタジオで議論することとなった。

JOYは、連日、沢尻のニュースが取り上げられることについて「こういう時間って本当はもっと大事なニュースだとか世の中で起きていることを伝えるべき」とワイドショーを痛烈批判。その上で「自分たちは影響力の大きい仕事をやっているんだということを理解しなきゃいけない。そのリスクを減らしていくために自分たちからクリーンですよということを伝えていかなきゃいけない」と私見を述べた。

 

この意見にMCの小倉智昭は「僕は皮肉をこめて提言したのかなと思ったらJOYさん、本気なんだね」と驚き、薬物検査について「人権の問題ということもある」「芸能人だからってこういう風に言われるのは本当に腹が立つ!」と激怒した。

社会学者の古市憲寿氏も「薬物で逮捕されるのは年間1万数千人の中で、芸能人はせいぜい数人とか10人のレベル」「一部の人が事件を起こした時に全員(の検査)をやっていくと差別につながる」とし、さらにデーブ・スペクターも「年に一度(の検査)っていっても(今回沢尻容疑者が使用した)MDMAは3日間で体内から出ていく」と否定的だった。

視聴者からは「薬物検査が人権問題ってどういう事w」「検査されたら不都合な事でもあるのだろうか」「違法行為をしていないなら別に問題ないでしょ…」「さぞ、やましいことあるんだろうなw」「芸能界どんだけ汚染されてんだよ」「芸能界ってほんとに身内に甘いなw」「賛同できそうなのにみんな反対って…」「国民の義務にすればいい」などとツッコミが続出している。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です