早見優、ライブでのハプニング報告『昭和感満載のトーク楽しんで』

早見優、ライブでのハプニング報告『昭和感満載のトーク楽しんで』

タレントの早見優が29日、自身のブログを更新。「珍しくちょっとしたハプニングがありました」と26日の配信ライブでのプチハプニングに言及した。

同投稿で早見は、親友でタレントの松本伊代と配信したライブについて「私はデビュー曲になるはずのB面の歌、『潮風の予感』を歌いました。」と披露曲をシェアし、「今はカップリングというのですが、当時はB面。何十年ぶりに歌ったかな?自分にとっても新鮮でした」と振り返った。

ラストソングは松本のアルバムより「シンデレラハネムーン」を披露したようで、「アレンジも格好良い!大好きな歌です。私たちには珍しくちょっとしたハプニングがありました。」と明かしつつ「アーカイブでまだ見られますよー。二人の昭和感満載のトークも楽しんで見てね!」とファンへ呼びかけた。

早見は「途中である方の名前が出てこなくて、お客さまに助けられたり、同期仲間の話になった時に、モノマネをするつもりはなかったのですが、やはり個性が素敵すぎるので、、、思わずモノマネしてしまいました」と、印象的な思い出を綴った。

画像引用:アメブロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。