東ちづる、癌きっかけに母との距離近づく『よく一緒にご飯に行くように』

東ちづる、癌きっかけに母との距離近づく『よく一緒にご飯に行くように』

女優の東ちづると母の英子さんが21日、「がん早期検査啓発キャンペーン・イベント」に出席。20年がん発覚時の心境を明かした。

昨夏に出血性胃潰瘍の治療を受けた際にがんが見つかり、今年2月に胃がんの手術を受けた東。「本当にラッキーでしたね。うちの家系にがん患者がいなかったので、過信していた。」と当時を振り返り、「『2人に1人はがんになる』といわれているけど、私はならないと思い込んでいた。そこは猛省している」とコメントした。

イベントでは母娘初共演となった英子さんは、がんを克服した娘の姿に「明るくなったし、楽しそう。あまり疲れた顔を見なくなった」と喜び、ちづるは「よく一緒にご飯に行くようになった。それまではお互いに『いつか行ける』って思っていたけど。仲良くなった」と距離が近づいたことを明かした。

画像引用:Google画像検索

3件のフィードバック



  1. 匿名 より:

    女優というより今や活動家

  2. 匿名 より:

    実母をフルシカト、いや当てつけかのようにしてる5流タレントもいますよね

    • そして より:

      これでもか、と「癌」ネタを使う人。

      こうやって見ると、芸能人の方々の中でも頑張ってるになられた方はたくさんいらっしゃるけど、

      5流タレントさんは、まさに「癌」を売りにしているところか不快です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。