堀ちえみ、癌イベント登壇&大分県移動を報告『今夜も美味しいもの食べよう』

堀ちえみ、癌イベント登壇&大分県移動を報告『今夜も美味しいもの食べよう』

タレントの堀ちえみが6日、自身のブログを更新。癌イベント「ガントークだよ!全員集合!in沖縄」への登壇、大分県への移動、郷土料理コースなどについて綴った。

前日の投稿では、前乗りして沖縄料理を楽しんだことを綴っていた堀。イベント当日のこの日は「マネージャーさんが楽屋に、マックのデザートを買って来てくれました。」と楽屋スイーツの紹介から始まり、「三角チョコパイ。よくばりがスタート。そしてプチパンケーキ。りんご&クリームをかけて。」と食レポを綴った。

イベントを終えると「あっという間に、時間が経ってしまい、トークショーが終わったという感じでした。」と感想を綴り、また主催者について「ステージ4の肺がんなので、呼吸がし辛い中でのトークショーでした。」と明かした堀。「次の夢はキャンピングカーで、日本全国を回り、イベントを開催することだそうです。そうです 夢と希望を持って、がんをやっつけちゃおう!」と軽いノリでエールを送った。

また「私と同じ舌がんの若い男性も、いらっしゃいました。」と同病者との交流も報告。「『生きているうちが華』とても重みのある言葉でした。負けるな!頑張ろうね。」とフランクに呼びかけた。

続けて、次の現場に向かうため「那覇空港にタクシーで向かいました。那覇空港でなんとか昼食取れるかなぁ?」としつつ、「チェックインして、搭乗ゲートを入り昼食。沖縄そば。売店での立ち食いですが、美味しかった」と腹ごしらえを報告。さらに「こちらの、ゴーヤ豚まんも食べてみました!」と売店で購入したようで、「中身はお肉もたっぷり、ジューシーです。ゴーヤが入っているんだけど、苦みはなく。むしろ甘い感じ!」と絶賛した。

那覇空港から福岡空港に到着すると「大分空港への直行便がなく、一度福岡空港まで。乗車予定の列車時刻まで、少し余裕があったので、駅中をぶらり。」と電車移動を報告。時間まで「扶桑庵の美味しい抹茶ソフトクリーム。いただきます」とスイーツをゲットしたようで「濃い抹茶のソフトクリームの上から、さらに抹茶の粉が掛かっていて、香りよし味よし♡」とした。

大分に到着すると「駅には大分県ならではの、お手洗いがありました。可愛い。」「マスクを付けたKUROちゃん。」「ブンブン号!豊後国にかけてブンブン号。可愛い。」と駅構内にハイテンションの堀。「今夜も美味しいもの食べよう」と宣言した。

夕食は「大分県の郷土料理のお店。」とし、前日に続き居酒屋風をチョイス。「郷土料理三種盛り、キラスまめし・わた酢・まぐろタルタル。」「関あじ関さばの刺身。」「ガツンと、とり天。」「豊後牛ステーキ。」と料理を次々とアップし「大分県の美味しい料理が全て詰まってる、そんな郷土料理のコースでした。帰りはホテルまで歩きました」とたらふく堪能したようだった。

ホテルに到着すると「歴史ある王道の和菓子だそうです。ホテルでマッサージを受けたあと、コーヒーを入れて。」と就寝前のコーヒー&スイーツをアップ。「素朴な味の和菓子。カステラも美味しいけど、中のこし餡がとてもやさしく、まろやかで癒される味。一個食べたら止まらなくなり。三個食べたよ(笑)」と食いしん坊っぷりを発揮した。

この日の投稿に、ブログ読者からは「ただの旅行で草」「病気関連の仕事なのに全くその意図も使命感もこの人から伝わって来ない。」「この人は沖縄、大分に郷土料理を食べに行って来たのか?」「とてもお酒が進みそうな料理だこと」「なんでも食べられる皮弁 同じ舌がんの人の意見聞きたい」「仕事に対する緊張感が全くないですね」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

1,066件のフィードバック


79 / 791...«7576777879

  1. かなり今更ですが より:

    大病を克服されたのに嫌悪感がある人とない人の違いがようやくわかった。(この方の場合はそもそも詐病疑惑アリですが…)

    基本、闘病をされた方に変なことは言いたくないし応援したいのですが、それをネタにいつまでもワタシ可哀想でしょアピールをされてしまうと興醒めしてしまう。
    病からの気づきがその方のアイデンティティーを変えることはあるだろうけど…
    その後、同病の人を励ますためや啓蒙活動に真剣に取り組んでる人、病のことを糧にして、自分の(芸能)活動に精を出して作品を作るなどして周りのために動いている人なのか、己の私服を肥やすばかりで病気をただの銭稼ぐためのネタ、それを武器にして自分に注意を引きたいかまってちゃんの人なのか…
    ある意味一目瞭然ですね。
    前者の話は心打たれるし、後者の話は白々しい。もちろん、ほとんどの人は前者だったんだろうけど、SNSの発展とともに後者のような人も増えてきていますね。。
    ちえみはその筆頭。

    • 匿名 より:

      退院後すぐに本を出して、同病者の神経を逆撫でするブログを必死に更新、おまけにマネージャーという旦那も連れてのドサ回り講演…講演料なきゃ行かないでしょ?
      この方ほど慈善活動やボランティアから縁遠い人はいない。全てはお金、夫婦でお金の亡者ですね。

  2. マッキ-. より:

    なんともことばが出ません。うっすらとコメントしてた事はわかってた主人との最期のお別れが近づく。堀ちえみさん、癌にあなたは復讐されるでしょう。されるべきです。主人は癌と3年間其こそ全力で闘って負けたのかな?だが、家で30分前まで普通な会話をして、大好きな🍍食べて。今は優しい顔で今にも微笑んで🙋うれしいです。壮絶な最期で人生発の心臓マッサ-ジ。戻ってきてと神に祈りました。大丈夫です。あなたのその優しい顔で、乗り越えて生けそう。堀ちえみさんへ。ふざけた人すぎて失笑だわ

    • 人生初で より:

      私が、救急車とうちゃくまで。心臓が左右もわからなくなり


79 / 791...«7576777879

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。