堀ちえみ、リモートボイトレを報告『早くライブが実現できますように』

堀ちえみ、リモートボイトレを報告『早くライブが実現できますように』

19年にステージ4の舌癌手術を受けたタレントの堀ちえみが6日、自身のブログを更新。デビュー40周年記念ライブに向けたリモートボイトレ、リハビリについて綴った。

この日の朝「自主リハビリとボイトレをやれば、完璧にインナーマッスルが鍛えられて、左右のバランスが良くなります。」と術後のリハビリ状況について明かした堀。「ボイトレをやっていて思うのですが、人間ってお腹から大きな声を出して歌うと、両足を踏ん張るので鍛えられるなぁと。リハビリもそうですね。」と病気を通して新たな発見があったようで、「私の発語訓練は頬骨や顎・喉などを、大いに使ってしなければ出来ないので」「一日やらないと元に戻すのに、三日掛かります…特にリハビリはね。」など、その壮絶さを語った。

午後の更新では「今日は大滝裕子先生による、リモートボイストレーニングでした。」とデビュー40周年記念ライブに向けたリモートボイトレを報告。「今日は発声練習のあとに、『リ・ボ・ン』を復習。そしてそのあとに、『東京Sugar Town』を久々に復習。」と歌唱動画をアップし、「もう夏はとっくに終わりましたが… 引き続き頑張ります!」と意気込んだ。

夜の更新では、夜のスイーツであるチョコレートをアップしつつ「ボイトレの日に食べる甘いものは、癒しになりますね。」と堀。「早くライブが実現できますように。私の方はあと少しで、シングルは全曲レッスン済みとなり、そのあとは復習です。」と準備万端のようで、「失って初めて大切さを知り、そして学びました。きちんとあるうちに、サボらず真面目にやれば良かったと、悔いても始まらないので、改心もたくさんしたし。諦めずにやるしかないですね!」と過去の自堕落さを悔やみつつも、前向きに綴った。

この日の投稿に、ブログ読者からは「ボイトレはご近所迷惑」「カラオケルームみたいに見える」「もっとキーが低くて歌詞が年相応でブレスに余裕のある、そして音域が狭い新曲を作ってもらえば?」「芸能生活で歌なんて若い頃に数年歌ってただけなのに…」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ


57 / 571...«5354555657

  1. インテリアベンチ より:

    ニコアンド、あれはインテリアベンチ。

    HPより
    「niko and…オリジナルの、天然木を使用したオシャレなインテリアベンチ。
    グリーンや人形、お気に入りの本などを飾るのに最適です。」

    耐荷重は 80kgですが。

    https://www.dot-st.com/nikoand/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?ITEM_CD=2382523

    • 追加 より:

      使用上の注意に、「座面の上に立ったり、踏み台としての使用はお止めください。」とありますが。

    • 匿名 より:

      おっさんはアウトだね

    • 匿名 より:

      座面に真っ直ぐ座れ、でないと、転倒の恐れあり。
      だそうよ。置く場所によってはおしゃれな飾り棚になりそうなのに。あのビルにはテイストが合わないね。7000円以上もするのにもったいない。
      今や脚立でもスタイリッシュな商品もあるのにね。

  2. 匿名 より:

    ほんとは階段横に飾ってたポトスや置物が落下して
    片付けてたりして。


57 / 571...«5354555657

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。