薬丸裕英、急性副鼻腔炎を疑い病院へ行くも『帯状疱疹』と診断

薬丸裕英、急性副鼻腔炎を疑い病院へ行くも『帯状疱疹』と診断

タレントの薬丸裕英が20日、自身のブログを更新。急性副鼻腔炎の症状で病院で検査してもらうも、帯状疱疹と診断されたことを報告した。

先々週から「左目の上部・下部に痛みがあり左目だけ涙目になっていました」といった症状があり、「急性副鼻腔炎」と自己判断し、市販薬の購入を検討していたという薬丸。念の為「知り合いの先生にメール」で症状を伝えると、CTと血液検査を勧められたといい「CT検査では上顎洞に炎症もなく 膿も溜まっていませんでした 血液検査も終わり診断結果は…『副鼻腔炎』ではなく『帯状疱疹』でした」と報告。

現在は「帯状疱疹は時間の経過と共に 赤みや水疱形成を伴うことも あるという事で処方されたクスリを飲み 10日間経過観察をして完治しました」とし、また「先生曰く…『コロナ禍で帯状疱疹の患者さんが増えている』とのことでした 皆さんもお気をつけください」と呼び掛けた。

画像引用:アメブロ



  1. 匿名 より:

    元カノと復縁したらお似合い。
    病気ネタで一生安泰。

  2. 匿名 より:

    この人も次から次へと病気になるね
    すぐ治るからいいけども
    バネ指はどうなったの?

  3. 匿名 より:

    >知り合いのドクターにメール

    こういうの書くから嫌われるのでは?笑

    • 匿名 より:

      病気自慢
      もらいもの自慢
      家自慢
      配偶者自慢
      元カノと一緒だね(笑)
      もし結婚してたら
      夫婦で自慢合戦?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。