薬丸裕英、ぴったんこカン・カン最後の収録を報告『18年半ありがとう』

薬丸裕英、ぴったんこカン・カン最後の収録を報告『18年半ありがとう』

タレントの薬丸裕英が14日、自身のブログを更新。TBS系バラエティ「ぴったんこカン・カン」の最後の収録を報告した。

同投稿で薬丸は「本日は18年半続いたTBS『ぴったんこカン・カン』最後の収録でした」と明かし、「”18年半の歴史に幕 “ 久本雅美さん、安住紳一郎アナウンサーの最後の涙の挨拶に込み上げるものがありました」と思い出を振り返りつつ、感慨深げに綴った。

最終回は24日に放送予定とし「『ぴったんこ大感謝祭』3時間スペシャル とても見応えのある内容です 是非、ご覧ください」と呼びかけた。

続けて「スタッフに頂いたプレゼント」と、花束や番組マスコットのカエルなどをアップ。「スタッフの皆さん、共演者の方々に感謝です 18年半ありがとうございました」と感謝の気持ちを綴った。

番組終了に、ネット上では「薬丸くんの仕事が…」「ジジババ向けに視聴率良かったイメージ」「安住アナ身体に気おつけて倒れないようにね」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ



  1. 匿名 より:

    安住アナの番組10月スタートらしいです。そちらを応援しましょう。薬丸さん、お疲れ様でした

  2. 匿名 より:

    もう落ち目やね
    お疲れ様でした。

    安住さんがいなければ成り立たない番組でしたからね…

  3. 匿名 より:

    これでレギュラーはバイキングだけ?
    そろそろなんか始めないとヤバいんでない?笑
    それかハワイ拠点にするとか!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。