柏木由紀子、娘と坂本九さんの墓参りへ『笑顔になれる日がくるのかとあの時は思いましたが...』

柏木由紀子、娘と坂本九さんの墓参りへ『笑顔になれる日がくるのかとあの時は思いましたが…』

女優の柏木由紀子が12日、自身のブログを更新。日本航空123便の墜落事故から36年目を迎え、犠牲となった夫の坂本九さん(享年43)の墓参りを報告した。

同投稿で柏木は「ワインをお供えしました たくさんのお花がすでにお供えしてありました。ありがとうございます」と感謝の気持ちを綴り、お墓の前で撮影した写真を公開。「今日は娘たち家族とともに静かに笑顔で過ごしたいと思います」とコメントした。

続けて、「娘たち家族とお墓参りに行き 36年の感謝を伝えたあとは 今年も麻布の中華料理 富麗華さんへ」と毎年恒例のレストランへ行ったことを報告。「ワインとビールを主人にも お部屋にはこんなすてきなメッセージをご用意くださり…感激でした」と坂本さんの写真立てやお供えのビールやワイン、メッセージボードなどを紹介し、「中條オーナーありがとうございました!!」と心遣いに感謝の気持ちを綴った。

柏木は「笑顔になれる日がくるのかとあの時は思いましたが たくさんの方に力をいただいて 家族みんな 笑顔でこうして生きていることに感謝です」と思いを綴った。

この投稿に、ネット上では「九さんの写真、とても良い笑顔ですね。」「いろんなことがあった36年間だったと思います。ご家族のお元気な姿に心からほっといたします。」「ご家族様の末長いお幸せとご健康を心からお祈りしております」「36年目のご家族の笑顔が素敵すぎて。これからもずっと応援させて下さい」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ



  1. 匿名 より:

    そういえば、自称JAL常連のかたのコメントはないのかしら?

    • 匿名 より:

      あぁ あの物語 だけが売りのあの人ね

      お世話になったと言う気持ちなど無いでしょ

      • 匿名 より:

        千羽づるも屋根裏にほっぽってあるよw

      • 匿名 より:

        ゴールデンの番組出たさにその撮影でお世話になったとされる定食屋さんには思い入れある設定されてましたがね



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。