西川貴教、音楽4団体の職域接種を報告『業界の嘆きを聞くわりにワクチン接種に消極的な気が...』

西川貴教、音楽4団体の職域接種を報告『業界の嘆きを聞くわりにワクチン接種に消極的な気が…』

歌手の西川貴教が24日、25日に自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスのワクチン接種会場で感じたことをシェアした。

同日「フェス主催者として出来ることは全部やれるよう1つ1つ潰していきます!」とワクチン接種に行ったことを明かした西川。しかし「音楽4団体の職域接種でしたが、会場はほぼ空席でした。エンタテインメント業界の嘆きを聞くわりに、ワクチン接種に消極的な気がします。」と業界関係者の姿勢に驚いたといい、「ワクチンを接種しても感染はしますが、重篤化を防ぎ医療従事者の皆さんの負担を軽減させ、イベントの実現に向けて1つ1つ頑張っていきます。」と思いを綴った。

接種後、20時間経過した後のツイートでは「1回目だったからか熱もなく、肩の痛み以外は目立った症状はありませんでした。肩の痛みは、何発か肩パンくらったくらいです。現場からは以上です。」と副反応をレポート。40時間経過後は「昨日まであった肩の痛みも、若干の違和感は残りつつも、ほぼなくなりました。大事をとって昨日は久々に終日お休みをいただきましたが、今日から通常営業に戻ります。」とした。

この投稿に、フォロワーなどからは「音楽団体の職域接種があるのですね」「アーティストの皆さんにはワクチン接種して頂きたいですね…」「仰る通りです それにしても逞しい上腕が素晴らしいデス」「私もワクチン接種して心置きなくライブやフェスに参加したいです」などのコメントが寄せられた。

画像引用:ツイッター



  1. 匿名 より:

    接種の報告より腕すごいね。太すぎ!笑



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。