杉本彩、ペット熱中症に注意喚起『責任を充分に理解し管理していただきたい』

杉本彩、ペット熱中症に注意喚起『責任を充分に理解し管理していただきたい』

タレントの杉本彩が24日、自身のインスタグラムを更新。ペットの熱中症について「飼い主には、その責任を充分に理解し管理していただきたいです。」と愛犬家へ呼びかけた。

動物保護団体「Eva」の理事長を務める杉本は、同日公開された福井新聞ONLINEの第11回目コラム「ペットの熱中症は室内でも…犬種や猫種に合ったケアを 車内放置や炎天下の散歩NG」の内容をシェア。

動物愛護の活動を通し「ペットが車中に閉じ込められたまま長時間放置されているけれどどうしたらいいか、という通報を多数受けることがあります。」とこの時期に多くなる通報内容を明かした杉本は、「この酷暑では車中だけでなく、エアコンのかけ忘れなど、室内であっても熱中症のリスクは非常に高いです。また日中のお散歩は本当に危険です。ペットは体高が低いため、お子さんと同様、アスファルトの照り返しをまともに受け体感温度は大人以上です。」と注意喚起を行った。

また、「ペットは、自分で車のドアを開けることも部屋の冷房を付けることも、助けを呼ぶこともできません。飼い主には、その責任を充分に理解し管理していただきたいです。」と愛犬家へ強く呼びかけた。

画像引用:https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1361930



  1. 匿名 より:

    コロナで軽い気持ちでペットを飼う人が増えたようですね
    飼う人に反対はしませんが、きちんと調べてから飼ってほしいものです

  2. 匿名 より:

    文京区内のとある警官が立ち寄られるお宅に住む可哀想なワンコ三匹を助けてあげて下さい🛐



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。