だいたひかる、骨頭壊死の検診で衝撃『妊娠中の注意点を教えて貰ったのですが…』

だいたひかる、骨頭壊死の検診で衝撃『妊娠中の注意点を教えて貰ったのですが…』

妊娠中のお笑いタレントのだいたひかるが23日、自身のブログを更新。特発性大腿骨頭壊死症の検診で驚いたことをシェアした。

先日受けた検診について「レントゲンは撮らなかったのですが… もし痛くなったら!?の話や、妊娠中の注意点を教えて貰った」と妊娠中のレントゲン検査懸念や、その他注意点を主治医と話していたというだいた。すると「レントゲンよりも、海外旅行で長時間飛行機に乗る方が、放射能をあびるから、海外旅行は辞めておいた方が良いです」とレントゲン検査と飛行機搭乗を比較されたようで、「もちろん、このご時世に行く予定は無いですが…意外でした 飛行機に乗る予定が無いので大丈夫」と驚いたことを綴った。

だいたは昨年8月のブログで、骨頭壊死と診断されたことを公表。10月のブログでは、「正式名称は、『特発性大腿骨頭壊死症』お経のようです」とし、難病医療に関する手続きを行ったことを報告していた。

この投稿に、ブログコメント欄には「そうなんですね…知らなかった」「照射線量の少なさを例えたかったのだと思いますが、妊娠中の客室乗務員に不安を与えますよね」「知らなかったです 放射能あびるのですね」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ



  1. もっち。 より:

    航空会社はCAさんの妊娠がわかった時点で、乗務させないんです。
    放射能が危ないからです。

    • 匿名 より:

      え?そうなんですか!そんなに影響あるものなんですね。パイロットさんとか出張多い人大変だわ

  2. 匿名 より:

    出産までこちらの検査も気をつけなければですね。薬とかはどうなってるんだろう?

  3. 匿名 より:

    ずいぶん大袈裟なドクターやね🧐



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。