大島康徳さん妻、生前に残した言葉を公開『これ以上何を望む?幸せな人生だった』

大島康徳さん妻、生前に残した言葉を公開『これ以上何を望む?幸せな人生だった』

ステージ4の大腸がんで、肝臓、肺への転移を告白していた野球解説者の大島康徳さんが亡くなったことが5日、分かった。(享年70)同日、大島さんが生前に残した言葉が妻・奈保美さんより「この道 大島康徳公式ブログ」で公開された。

同投稿では「高校を卒業してプロ野球選手としての人生をスタートしこの年になるまで野球一筋、野球人として生きることができた。皆様のおかげです。どうもありがとう」とファンや関係者へ感謝の気持ちを記し、「よき先輩、よき後輩、よき仲間、よき家族に恵まれ美味しいものをよく食べて、旨い酒をよく呑んで、大いに語らい、大いに笑い、楽しいことやりたいことは片っ端からやってきた。楽しかったなぁ…」と振り返った大島さん。

「これ以上何を望む?もう何もないよ。幸せな人生だった 命には必ず終わりがある 自分にもいつかその時は訪れる その時が俺の寿命 それが俺に与えられた運命 病気に負けたんじゃない 俺の寿命を生ききったということだ」と記した。

そして、文末に妻・奈保美さんより「夫、大島康徳の言葉を お伝えさせて頂きました。(今年の春頃に記したものです)」と明かされ、「また改めまして 読者の皆様に ご挨拶させて頂きます。 少しお時間をいただくことになるかと存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。」と、呼びかけた。

ブログコメント欄には、「最後の最後までお言葉を届けて下さりありがとうございました。」「一つ一つの言葉が心に響いています。ありがとうございました。」「どうかご家族の事見守っていてください。そして、野球の事も!」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ



  1. 匿名 より:

    泣けてきました。
    人生を生き切った方の
    素晴らしい言葉です

  2. 匿名 より:

    大島さんこそが命の危機と闘って来られた方と言うのではないでしょうか 合掌

  3. 匿名 より:

    ショックです…大島さんの人柄大好きでした。ブログ読みながら号泣です。本当にありがとうございました。

    ゆっくりと休んでくださいね
    合掌

  4. 匿名 より:

    ご冥福をお祈りします。エンゼルス戦の解説みたかったです😢

  5. 匿名 より:

    大島さんのことはここでは記事にしてほしくなかった



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。