柏木由紀、難病脊髄空洞症で今月中に手術『症状を治す手術ではなく、進行を止める手術』

柏木由紀、難病脊髄空洞症で今月中に手術『症状を治す手術ではなく、進行を止める手術』

AKB48の柏木由紀(29)が9日、ABEMAのニュース番組「ABEMA Prime」に出演。今月中に予定する手術について「症状を治す手術ではなく、進行を止める手術しかなかった」と説明した。

前日8日、10万人に1人とされる指定難病(117)脊髄空洞症の手術と治療のため、所属事務所より「早期手術と治療のため、一定期間の休養をいただくことをご報告申し上げます」と発表された柏木。この日は、休養発表後の初の生出演となり「まさか、このセットに座るとは思っていなかったので興奮してます」と番組への意気込みを語りつつ、自身の現状について鎮痛剤を飲んでいることを明かした。

当初は、10月末の手術を予定していたというが「ちょっと早めに進行していることがわかって、本来10月末くらいに手術しようかなという話だったんですけど、ちょっとこのスピードで進んでいると『なるべく早く手術した方がいい』となって。今月末くらいに手術の予定です。」と経緯を説明。

また、「症状を治す手術ではなく、進行を止める手術しかなかったんで、本当に早期発見が大事なんだと感じました」と難病の深刻さや、「『こういうことがあったけど、こうやって頑張ってきましたよ』とどこかでまた明るく話せるようになりたいと思っています」と、前向きに話した。

ネット上では「現状維持が精一杯なんかな」「とりあえずこれ見つかって良かったよ」「ホント早期発見出来て良かった」「え? 治る手術じゃないの? かわいそう」「身体が最優先 治療してね」などの声が寄せられた。

画像引用:アベプラ



  1. 匿名 より:

    手術したら治る系の病気じゃないんだね 進行を止めるというか
    脊髄が奇形してしまう?初めて聞く病気の名前だ

    +13
  2. 匿名 より:

    これ番組企画で見つかったんでしょ?それで発覚してなかったら大変なことになってたと思う。若いとただの腰痛と思ってギリギリまで放置することもあっただとうし。不幸中の幸いだよ!

    +21
    -2
  3. 匿名 より:

    若いのにかわいそう
    将来車椅子生活の可能性もあるみたい
    ダンスとかが影響してたのかな…

    +12


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。