生稲晃子、大同生命の癌セミナーに出演『治療しながら働ける社会を願って』

生稲晃子、大同生命の癌セミナーに出演『治療しながら働ける社会を願って』

乳がんを経験した女優の生稲晃子が25日、自身のインスタグラムを更新。大同生命が開催する癌Webセミナー「『DAIDO-LIVE!』中川恵一先生with生稲晃子さん 経営者に知ってほしい がんと健康経営」に、出演したことを報告した。

癌の早期発見を目標に、受診を促すための活動を積極的に進めている生稲。この日は、「大同生命Webセミナーに参加させていただきました」と明かし、「経営者に知ってほしい『がん』と健康経営」についての議題で、自身の経験をもとに情報を発信したことを報告。「観てくださった皆様、有難うございました」と視聴者に感謝を綴り、「病気になっても、生きがい、やりがいを持って、治療しながら働ける社会が普通のことになっていくことを願っています」と一患者として社会への理解を求めた。

この投稿に、フォロワーなどからは「これから高齢者の方々が 増えていく中で真剣に取り組んでいかなければならない問題ですね。」「会社側にもそれを当たり前に理解してもらえる、そんな社会になって欲しいです」「日本の社会も何かしらの疾患患者でもちゃんと受け入れる態勢を取ってほしいですね。」と共感する声が多数寄せたれた。

画像引用:インスタグラム



  1. 匿名 より:

    精力的な活動ご苦労様です。応援していますよ!
    東大病院の先生方はメディアに協力的なのですね

  2. 匿名 より:

    元アイドルで癌経験者
    あの人とはえらい違いですね

    感心します。伝えようとする姿勢が素晴らしいですね。

    • 匿名 より:

      お呼ばれなしですからw
      早期早期って言ってる割にねぇ
      口だけ〜

      • 匿名 より:

        一方的に不必要な事を喋るのは得意なだけで受け身で答える出演は出来ないでしょうね、あの方は。NG質問も多そうだし。

        • 匿名 より:

          墓穴ほりちえみだからね
          家族愛しか語れない



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。