古村比呂、新薬の正式承認に期待『がん治療が進むのはやっぱり嬉しい』

古村比呂、新薬の正式承認に期待『がん治療が進むのはやっぱり嬉しい』

子宮頸がんを経験した女優の古村比呂が11日、自身のブログを更新。再発転移性のトリプルネガティブ乳がんに対し、アメリカで正式承認された新薬『sacituzumab govitecan(サシツズマブ ゴビテカン)』に関する情報をシェアし、「がん治療が進むのはやっぱり嬉しい」と医療発展に喜びを綴った。

同投稿で古村は「私は子宮頸がんの情報はもちろん 乳がんについての情報も気になり 色々と調べたくなるこの頃です。」と普段から治療に関する情報をリサーチしていることを明かし、「今日は 乳がんの新しいお薬の記事が 気になったのでシェアを」としつつ「米国で先月、サシツズマブ ゴビテカンというお薬が 再発転移性のトリプルネガティブ乳がん(TNBC)に対して正式承認されたというブログを見つけました」と、広島大学病院乳腺外科のスタッフが運営しているブログ情報をシェア。

古村は「日本での承認は 未定だそう」としつつも「がん治療が進むのはやっぱり嬉しい」と医療の発展を心から喜んだ。

この投稿に、ネット上では「いち早く情報が見れるので助かります。」「沢山の情報をありがとうございました」など、情報シェアに感謝の声が多数寄せられている。

画像引用:アメブロ



  1. 匿名 より:

    自称ステ4の方は毎回院内で食事スイーツの発信ばかりで呑気に「至福の時」とか優しい味とかですよ
    ホントに誰にも寄りそう為になる発信は0
    美味しいなぁ。ばかりでね呆

    • 講演会も より:

      古村さんのようにしっかり癌のことを考え、いろいろな情報、考えを共有できる方の話を取り入れていっていただきたいです。

      自称ステージ4の癌の方で、ご自身の癌そのものについては触れず、治療も手術のみなのに、毎回家族論ばかりする方の話では、同じ癌闘病者は、かえって不愉快になるだけです。

      主催者側さん、どうか講演会にはきちんと相手側に癌の話を誠意を持って伝えてくれる方に依頼してください。

    • ごもっともです より:

      コロナ対策の意識の高さといい実に対照的で雲泥の違いですよね
      大体あの人は口先だけですものね だから時に殊勝な事を言っても魂がこもってないから全く心に響かないし、共感より反感しか涌いて来ないんですよね

  2. 比呂さん励みになります より:

    癌は本人が、もちろん1番大変で闘って乗り越えてまた乗り越えなければならない山があり。なんですね。癌は頑張れ!だけでは乗り越えて、また乗り越えて。再発、転移がなかったとしても5年が過ぎてもなかなか不安な日々だと。比呂さんの積極的な活動や発信して行動力🍀わたしもガンバろ🎵って素直に思ってます。ありがとうございます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。