古村比呂、子宮頸がんワクチン情報をシェア『私が知りたかったのが9価ワクチン』

古村比呂、子宮頸がんワクチン情報をシェア『私が知りたかったのが9価ワクチン』

子宮頸がんの経験を通し同病者に向けに一般社団法人「HIRAKU」を立ち上げた女優の古村比呂が26日、自身のブログを更新。「子宮頸がんワクチン」に関する情報をシェアした。

同投稿で古村は「今日は『子宮頸がんワクチン』の事で気になることがあり調べました。」とし、「現在『子宮頸がんワクチン』は2価ワクチン 4価ワクチンを、小学校6年〜高校1年の女の子は公費で受けらます。 4価は2020年12月25日 男性への接種も承認されました。」と国内で承認されているHPVワクチン2価と4価の2種類の情報についてシェア。

続けて「私が知りたかったのが『9価ワクチン』のことです。」と90%以上の子宮頸がんを予防すると推定され80以上の国と地域で承認されている9価HPVワクチンの、国内での動きについて「現在わかっているのは2021年2月24日に医薬品発売 公費で出来る『定期接種』検討中」と報告。「『ワクチン接種に9価も選択出来るタイミングはいつなのか??』これが知りたくて でも結局分からなかったので 今度 先生に聞いてみます」としつつ、ワクチンに関するリンクをシェアした。

この投稿に、ブログコメント欄には「気になっていたことなので しっかり読みたいと思います。ありがとうございます!」「とってもとっても素晴らしい情報ありがとうございます」「くれぐれも、御無理をなさらずに御身を大切にされてくださいね」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

2件のフィードバック



  1. 匿名 より:

    先生の話、また紹介してくださいネ
    お大事に(^^)

  2. 匿名 より:

    なるほど〜。9価が承認されれば、大きな一歩ですね😭



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。