生稲晃子、緊急事態宣言で鉄板焼店を完全休業『これだけ休むのは初めて』

生稲晃子、緊急事態宣言で鉄板焼店を完全休業『これだけ休むのは初めて』

女優の生稲晃子が25日、自身のインスタグラムを更新。緊急事態宣言発令により、自身が経営する六本木の鉄板焼「佐吉」を、来月11日まで完全休業することを発表した。

同投稿で生稲は「緊急事態宣言発令に伴い、佐吉を本日25〜5月11日お休みさせていただきます。」と完全休業を報告。「今年の8月31日で15周年を迎えさせていただきますが、これだけ休むのは初めてで、今まだ気持ちの整理ができていません。」と複雑な心境を明かしつつ、「苦しいけれど、できればこの2週間でコロナの不安から解放されたい…。またお客様の笑い声を聴きたい…。だから国の要請に従って休業はしかたないと自分で決断しました。」と記した。

生稲は「宣言が解除されたら、是非お越しくださいね そしてごゆっくりなさってくださいませ」と呼びかけた。

この投稿に、フォロワーなどからは「本当に残念ですが、早く落ち着く日を願います」「苦しい時期が続きますが、みんなで手を取り合って頑張りましょう」「本当に 苦しいよね なんとか 乗り切ろうね‼︎」「再開したら、また予約して友人と一緒に行きたいと思います」などのエールが寄せられた。

画像引用:インスタグラム

3件のフィードバック



  1. 匿名 より:

    堀さんは、生稲さんとお仕事をご一緒されていますよね。

    こういう時だからこそ、鉄板焼を食べに行って応援されれば良いのに。
    本当に気が付かない、配慮がない、自分中心の方なんですね。

  2. 匿名 より:

    あれ、お弁当もやらないのかな??人件費的のほうが赤字なのかな?

    六本木じゃ家賃もたかそうだし。。。

  3. 匿名 より:

    飲食業はたいへんですよね😢
    再オープンしたら、必ずしも行きますね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。