堀ちえみ、池江璃花子選手を祝福『底から這い上がる精神は並大抵なことではない』

堀ちえみ、池江璃花子選手を祝福『底から這い上がる精神は並大抵なことではない』

タレントの堀ちえみが9日、自身のブログを複数回、更新。1日の出来事を綴った。

この日の朝「今日の朝も目覚められたことに感謝。」と、寝室窓から朝の光が差し込む写真をアップした堀。「どんなに悩みがあったとしても、どれだけの苦しみを背負っていたとしても、どれほどまでの哀しみに胸が潰れそうでも、痛みや傷みに心が折れ負けそうになっても。それでも朝を迎えられたということ。それだけでいい。頑張らなくてもいい。」と、意味深に綴った。

続けて、「昨夜はとても感動的なニュースが、目に飛び込んできました。」と堀。白血病を克服し、東京オリンピックへの出場権を手にした競泳の池江璃花子選手について「オリンピック代表内定決定!」と祝福し、「鳥肌が立つほど感動しました。華麗で力強く、とてもしなやかで。水の中の彼女は、とてもとても美しかったです。世界中の多くの人に、たくさんの勇気を与えたと思います。」と興奮気味に綴った。

自身も19年に舌癌や食道癌の手術を公表し、闘病経験があることからか「底から這い上がる精神は、並大抵なことではないけれど。明けない夜はないから。命あればこそ。」など、池江選手の活躍にグッときたようだった。

そんな堀は、朝の家事を終えた後「やるっきゃない!」とエネルギーに満ち、発語の自主リハビリとボイトレをしたことを報告。苦手な音を徹底的に練習したようで「舌の隙間から息が漏れやすい音なので、途中で息苦しくなり、余裕を持って出さないと、苦しそうに聴こえてしまいがちです。大きな課題のひとつ。」と近況を綴った。

午後の更新では、昼食写真をアップ。「鶏ミンチ肉と玉ねぎ・人参・レタスと卵のチャーハン。豆苗と溶き卵の味噌汁。」のメニューにしたようで、「美味しいと子どもたちが、とても喜んでくれました。嬉しいね。パラパラッと仕上がりました。美味しく出来上がってよかったです。」と絶賛した。

午後のおやつには、コロナ以降、高頻度で利用している出前アプリを利用し飲み物とスイーツを注文したことを報告。「今回のドリンクはスタバで。常備しているヨーグルトも、一緒に注文しました。」「スイーツは初めて食べる和菓子屋さんで、ベビーカステラを注文しました。」と2店舗から同時注文のセレブ利用を明かした。

夜の更新では、「今夜は鍋で盛り上がってます」と夕食の鍋を公開。「鰤と鯛とサーモン。」の海鮮鍋にしたようで、「誰もお酒飲まないのに、一時間以上ワイワイと長いお鍋です(笑)」と家族団欒を綴った。

夕食後の更新では、ブログ恒例の夜のスイーツタイムを報告。この日は「夕方から楽しみにしていたおはぎ。」とコーヒーを堪能したようで、「小豆も美味しいし、もち米も一粒ずつしっかりとして、もちもちで質感が最高です。こぼれる小豆あんが贅沢!」と食レポを綴った。

この日の更新に、ブログ読者からは「この人に池江選手の事語ってほしくない。」「まだ2年しか経ってないのに まるでホントに完治したかの言葉の数々」「癌でなくなる方も、いらっしゃいます。気軽に発信しないでほしい」「すごい食欲 わざわざスタバをUber Eatsなんだね」「しょうもないブログ(笑)毎日同じ内容」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。