サンド伊達、膀胱癌で禁煙を決意『多い時は1日2箱以上』

ステージ1の膀胱癌の手術を受けたお笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおが31日、自身のブログを更新。「大好きなタバコをやめる方向で進んでいます」と禁煙を決意した。

同投稿で、伊達は「愛煙家として、約30年吸ってきたタバコも、ドクターから言われた事もあり…小倉智昭さんからもメールで忠告頂いた事もあり、ブログのコメントにも多数あり…色々と考えた結果。。大好きなタバコをやめる方向で進んでいます。」と禁煙を考えていることを報告。「間違いなく、確実に進んでいます。どうやらタバコに含まれるタールが僕の身体には合わないみたいで…。」とした。

昔は、多い時で1日2箱以上吸っていたという伊達。ここ数年は「タバコを吸う場所も限られてきたからか、2日で1箱くらいまで自然と減っていました。」と環境にある意味助けられたようで、今後は「1週間入院してた時は、不思議とタバコ吸いたいって思わなかったんだよなぁ。。だから、きっと禁煙出来る気がします。」と、前向きに綴った。

この投稿に、ブログコメント欄には「お身体を大事になさって、また最高の笑いを届けて下さい」「煙草の代わり?はガムですね!紛らすなら、ガム。」「膀胱がんは再発すると、凄くしつこいです。煙草は今すぐに止めてくださいね。」「禁煙決意したんですね!応援してます。」など、エールが寄せられた。

画像引用:アメブロ



  1. 匿名 より:

    一日二箱以上はヤバすぎ。
    これを機に辞めた方がいいかと



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。