桑野信義、ステージ3~4の大腸癌で手術『再発は0%ではないとのこと』

桑野信義、ステージ3~4の大腸癌で手術『再発は0%ではないとのこと』

ミュージシャンの桑野信義が28日、自身のブログを更新。「癌と転移したリンパの削除に成功しました」と大腸がんの手術を受けていたことを明らかにした。

同投稿で桑野は「私 桑野信義は昨年秋に大腸癌の宣告を受けました」と告白し、「ステージ3~4の大腸癌(がん)で周りのリンパにまで転移している状態と知り『死んでしまうのでは…』という最悪な事が真っ先に頭を過ぎりました ただただショックで目の前が真っ暗になりました」と当時の心境を明かす。

手術は半年間の抗癌剤治療を受けた後に行ったようで「これ以上の進行と転移を抑えてから先月14時間に及ぶ手術で癌と転移したリンパの削除に成功しました」と報告。「先生の説明によると癌が進行していた為再発は0%ではないとのことです なので術後も抗癌剤の化学療法をしながら現在は再びステージに立つという目標に向かって先ずは体力回復、免疫力UPなどリハビリに励んでいます」とした。

桑野は「あと何回桜が観れるのだろうか 今日も生きていられる事に感謝です」と心境を綴り、「必ず復帰してみせますので温かい目で見守って下さると幸いです」と前向きに綴った。

画像引用:アメブロ



  1. 匿名 より:

    手術後でも、ステージってはっきりしないものなんですね!?

  2. 匿名 より:

    手術無事成功でよかったです。
    それにしても、余計に堀ちえみのステージ4が怪しくなる

    • ステージ3でもこんなに辛い治療なのに より:

      毎日毎日元気に外出、外食のステージ4の堀ちえみさんが不思議でなりません。

      術前、術後の抗がん剤もお辛いと想いますが、どうぞ、先の楽しみに向けて一日一日、ゆっくり頑張ってください。同じ癌患者として心から応援します。

      大した治療もなく、講演会で病気アピールのステージ4だという堀さん、ステージ4ならコロナが怖くてこんなに遊び歩けませんよ。

      なんでも「個人差」のは一言で片付けてしまうなら、講演会もやめていただきたいです。

      なんの治療をして、何故ステージ4なのかも理解できない方に涙流して「癌」を語って欲しくないです。

      「癌」をなめないでください。辛いんですよ、みんな。堀ちえみさんは人に寄り添える人ではないです。

      • 匿名 より:

        堀は「人の神経を逆撫でする」タイプだね。

        あんな低俗人間から寄り添われたら余計具合い悪くなるんで、ビョーキビジネス撤退と謝罪会見を早くやってほしい。

        桑野さん、癌との共存、かけひきは術後本格化しますね。
        私はステ4で手術を受けられず(食道癌)基本、治療方法は抗癌剤、免疫療法、放射線でしたが、患者一人一人の体質や状態とのマッチング次第でうまく乗り切れる人もいます。
        私はそうじゃなく、既に遺言書を作成、終活段階ですけれど。
        幸運を祈ります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。