松居一代、アメリカの銀行閉鎖でパニック『あたしゃ!泣く泣く…腹をくくったんですよ』

タレントの松居一代が25日、自身のブログを更新。貸金庫を利用しているアメリカの銀行が急遽閉鎖するとの連絡を受け、パニックになったエピソードを綴った。

今年1月末、コロナ禍でのニューヨーク弾丸計画をブログで発表し、ネット上で批判を浴びた松居。同投稿では、「1月末へニューヨークへ行こうと計画したこと 覚えてくださっていますか…⁇最終的には急遽やめましたが」と切り出し、当時、渡米を計画していた本当の理由について「私が口座を持っている銀行の支店が突然にも閉鎖されることになったんですよ」と想定外の出来事があったからとした。

銀行からの書類には「貸金庫の中を ぜーーーんぶ出してください」等の指示が記されてたようで、松居は「え〜ぇ そんなこと急に言われても…まさに、そんな心境でしたよ」とパニックになりつつ、「隔離をしてでも 渡米をして貸金庫の中身を ぜーーーんぶ自分で 出すしかないと思ったので 渡米することにしたんですよ」とコロナ禍に渡米を決断した理由など、1月末時点でブログで明かさなかった具体的な内容を綴った。

結局「貸金庫の中身よりも命を優先して日本に留まったあたしでした」と渡米は断念し、「渡米を止めたわけですから 銀行に任せるしか無いと あたしゃ!泣く泣く…腹をくくったんですよ」とその後の手続きについては、弁護士と銀行の支店長に任せたという松居。しかし、「なんと!貸金庫を壊して開けますと連絡が来ましたよ」との連絡があったようで、「ちょっと…ちょっと中にはデリケートな物がたくさん入っているんですよ」「銀行さん大丈夫なんですか!!もう…好きにしろよ!!まさに、そんな気分でした」と投げやりに綴った。

この報告に、ネット上では「あの時、そんな大変なことが起きていたのですね」「腹をくくるしかなかったんですね、弁護士さんがうまくやってくれますように」「まさかの銀行閉鎖だったのですね」「銀行から金庫壊しますって!そんな事あるんですか?」「結局どうなったのか‼気になって仕方ありませんよ~」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ



  1. テスト より:

    content://media/external/downloads/1282

  2. 匿名 より:

    はいはいアメリカいけない理由探しで大変ですねʅ(◞‿◟)ʃ

    • とくめい より:

      先日は(私とは別の)とくめいさんのコメントを読みましたが流石に堀ちえみの先輩と言えるわ〰️。ブログの文章がムチャクチャ長い。やたら他人に噛みつき暴言をはく。トラブルに捲き込まれれば松居 さんの親しい弁護士と乗り込む。他にもソックリな事が有りすぎて笑えますね。

  3. 匿名 より:

    嘘くさーい
    どこの銀行よ?笑



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。