堀ちえみ、事務所宛にファンから手紙『手元に届きましたのでどうかご安心下さい』

タレントの堀ちえみが26日、自身のブログを更新。1日の出来事を綴った。

この日、事務所宛に届いていた誕生日をお祝いする「たくさんのメッセージカードや、お手紙」が自宅に届いたことを報告した堀。「郵便でいただいたものが、手元に届きました。これから読ませていただきます。送って下さいました皆様、きちんと手元に届きましたので、どうかご安心下さいませ!」とファンへ呼びかけた。

続けて、「最低限でもこれをやらないと、一日が始まらないというような、ルーティン」とし、中庭やトイレ、洗面所の掃除をしたことを報告。先日新調したばかりのワインセラーも披露し「お酒を嗜むことができなくなってしまい、それがとても残念ですが(笑)ワインセラーを眺めては、どんな味がするんだろうと、見たことのないラベルの新しいワインを、しげしげと眺めては想像だけしています。」とお酒を断ってから数年、今尚興味があることを明かした。

昼頃の更新では、「とてもヘルシーで美味しいサラダの店」から出前をとったことを報告。プラ容器が並んだ食卓写真をアップし「子どもたちはパルミジャーノチーズ香るクラッシック・シーザーサラダと、ヘルシー鶏胸肉のあげたてクリスピーチキン。私はお出汁の国のトーキョーサラダ。」と注文品を紹介した。

午後の更新では、「スイーツの時間を楽しみました。」とテイクアウト容器のスタバコーヒーとケーキをアップ。「母と娘二人でペチャクチャ喋りながら。笑って笑って笑って。」と自宅でおやつタイムを楽しんだようだった。

夜の更新では、「娘彩月が今日は鍋の野菜を切って、支度をしてくれました。」と娘が夕食作りを手伝ってくれたことを報告。「今日は鯛鍋です。鯛は私が切りました。魚を触るのは、まだ自信がないとのこと(笑) 野菜きれいに切れたね!」と支度中のエピソードを明かしつつ、「あっさりしているけど、鯛のこくと旨味が出て、いい出汁のお鍋でした。」と大成功だったことを綴った。

この日の投稿に、ブログ読者からは「プレゼントなんで今頃?w 誕生日から時間経過し過ぎでしょ」「飲めない人間はお酒にこだわらないよ というか無関心」「サラダも作らない。バゲットも焼かない。コーヒーまでUber。」「今日はウーバーが2回も来たのかw」「鯛は刺身用の短冊切っただけじゃん?ドヤって恥ずかしい。」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ


1 / 3312345»...Last

  1. 匿名 より:

    びっくりさん、いよや優、小川菜摘さんなどはタレントで、堀ちえみは80’アイドルのカテゴリー、面白いです。タレントてはないし、もう終わってるって認識ですよね。

  2. 匿名 より:

    >中庭やトイレ、洗面所の掃除

    朝一番に、ぞうりをはいた足元、ちりとり、箒を撮った写真を見ると、いやな気持ちにさせられます。一般人のブログでも、こんな写真、毎日載せません。

  3. 匿名 より:

    「たくさんのメッセージカードや、お手紙」

    「たくさん」ってわざわざつけるところが、堀さんらしい…

    • 匿名 より:

      事務所って自宅に届いたということですか?
      住所ってファンの方は皆さんご存知なんですね
      公開されているんですか

    • 匿名 より:

      たくさん来たなら直にブログに載せるはず(笑)
      悔しくて、自分でメッセージカード買いまくって、載せたりしてね(笑)(笑)

  4. また嘘、大袈裟、ドラマ仕立てですか。 より:

    堀さんは一昨日の診察を終えての『今だから吐き出せる思い』というタイトルのブログで、2年のクリアを報告し
    『2年前の絶望のどん底に突き落とされた。この診察室でこういう風に「良かったですね」と言われる日が来るなんて』と書いています。

    https://archive.vn/fgxe1

    でも堀さん、2019年2月19日の日ブログでは、入院した日に今までの経緯を話し、その中で初めて大学病院で検査した日の心境を語っている
    『主治医の先生の初見で 悪性の舌がんの可能性が高いという診断。
    それを聞いた私は静かに受け止めていました。驚きもしなかったので自分でも不思議でした。ある程度覚悟ができていたのかも知れません』…と。

    https://archive.vn/t54wy

    おかしいですよね。
    わざわざ2年前は『覚悟はできてきました』と語っているのに一昨日のブログでは『2年前に【絶望のどん底に落とされた】この診察室で』…と。
    どっちが本当ですか?
    堀さんはすべて物語仕立てに語る。
    第一、限られた待ち時間に書いたものとしては物語的過ぎる。しかもいかにも目を引き付けようと『今だから吐き出せる思い』なんて書きますか?何故【今】なのですか?

    それに「絶望のどん底に落とされたこの診察室で』とありますが、堀さんは最初にあの病院を訪れたのは【初診日】ですよね。
    東大病院では初診の部屋と普通の診察の部家は分かれているようです。2年前も最初は若い女性の先生が初診の簡易検査をし、途中で席を立って堀さんと同年輩くらいのの医師を連れてきた(『Stagefor~』記述)とありますから、2年前と今回が同じ部屋なのはあり得ないのでは?

    https://www.h.u-tokyo.ac.jp/patient/depts/koukugeka/gairai/

    やはりこれもドラマ仕立ての演出ですか。堀さんの語る人生ドラマはあの大映ドラマのように大袈裟で不自然な感を拭えない。
    この日のブログひとつ取っても【今だから話せる】【絶望のどん底に】【涙があふれそうになりました】【がんになんてなりたくなかった!】…いかにも予め考えたような文章ばかり。。
    悲しみは悲しいとは言わない。絶望に絶望という言葉をつけないほうが本当のその悲しみが伝わる…のでは?ほんとうのドラマでは。
    同病の方のブログを読ませていただいて【絶望】なんて言葉を使ったかたはいませんでしたよ。
    皆さん一生懸命病気と闘い、同病者の為に参考になればとも言われながら頑張ってらっしゃいますから。。

    もういいかげんドラマのように病気を語るのはやめてください。
    堀さんが『娘が泣くからー』『夫がー』と語っても誰の参考にもなってませんよ。
    せめて人間として筋を通して下さい。
    診断書をを見せながら真実を話してください、ドラマではなくて。

    • 匿名 より:

      ありがとうございます

      病気のこともその場その場で演出して自分を飾るから、辻褄が合わなくなっておかしなことばかりになっている。

      「ステージ 4」もやはり盛ったのでしょうね。あんなに何でも普通に食べられるステージ 4の人はいませんもの。

    • 匿名 より:

      堀さんのドラマ仕立て演出山盛り&改ざんしまくりの《自分語》展開感覚、あなた様の指摘にいちいち同感です。

      手術に関してなんですけど堀さんホント大袈裟、私も同等のオペ受けてます。
      皮弁形成ヵ所が口腔癌では半数近くになるメジャーな舌ではなく、専門的に言うと臼歯(きゅうし:奥歯)周囲に出来た悪性腫瘍を除去(抜歯で歯茎が陥没します)した場所ではありますが、皮弁は皮弁です。
      皮弁本体に味覚、触覚、そんな能力ありませんから。
      口腔内皮弁持ちの友人知人からその様なミラクルスキル話しなんて一度も聞いた事ないです、堀さんの身(というか皮弁)に起きるミラクル現象は学会発表論文レベルだと思います。

      堀さんの皮弁に関する主張は①作り話し、②思い込み、このどちらかしか考えられませんね。
      意図的な①ならばモロ虚言ですし②はグレー、その場合は舌に本物の皮弁を形成したという絶対条件を満たす必要が生じます。
      つまり証拠の提示を抜きにして②でさえ主張の信憑性を担保できないわけですね。

      全身麻酔から目覚めて「生きてかえってこれた」この様な表現も非常に大袈裟でした。
      手術は確かに複雑な構成で大掛かりな部類に入るかもしれないですけど、そんな・・・あの程度の手術で死ぬ患者は皆無に等しいですよ。
      そこは無知による勉強不足ですか?それとも大袈裟な表現を好む演技性人格ちっくな性分ゆえでしょうか?両方だったりして・・・苦笑

      • 匿名 より:

        思い込みが激しく、理解力が乏しいとお見受けします。
        がんは治る病気の話は、早期発見で初期に発見された限られたがんのみなのに、ステージ4にも当てはまる様な誤解釈。
        感染対策バッチリなら、緊急事態宣言中のコロナ禍でも八時までに帰宅すれば外出外食も構わない振る舞い。
        主治医からの説明も、自分に都合の良い部分しか理解してないのでしょうか?
        ブログで発信するから余計にタチが悪いです。

    • 匿名 より:

      当時のブログで確かめてはいないのですが、入院前には夢に向ってわくわくというようなことを書いていて、違和感があったことを覚えています。また、がんになってよかった、等。
      そんな訳ないと思っていましたが、やはりでした。
      堀さんは、虚勢を張ったり、マウントを取りたがる人(か弱い繊細な設定の私もお好きらしいが)で、話すことはやはりまともにきいてはいけないと改めて思いました。

  5. 匿名 より:

    ファンレターのお披露目なかったですね。

    なんでも見せる人なのにおっかしいなぁ。

    • そうなんですね より:

      お披露目がなかったんですね。
      嘘つきの彼女らしい笑
      彼女には驚くことばかり。
      癌にかかってこんなに元気で何でも朝から晩まで食べて、どこへでも平気で行く人を初めて見ました。
       退院時のまるまる太ったからだや熱々のグラタンですか?
      おかしなことばかりです!

    • 匿名 より:

      本当のファンレターは0。
      自分で書いたファンレターは沢山!

    • 匿名 より:

      J〇Lからの見舞いも自作自演


1 / 3312345»...Last

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。