薬丸裕英、雛人形を飾るも寂しげ『この雛人形は近い将来どうするのだろう...』

薬丸裕英、雛人形を飾るも寂しげ『この雛人形は近い将来どうするのだろう…』

タレントの薬丸裕英が13日、自身のブログを更新。雛人形を飾りつつ「この雛人形は近い将来どうするのだろう?」とぼんやり思ったことを綴った。

大安の11日に雛人形を飾ったという薬丸。「今年で24年目の雛人形 時代と共に雛人形の顔は変わりますが 今見てもとても綺麗な顔をしています」と思い入れのある雛人形を紹介した。

続けて、「綺麗な顔を眺めながら、ふと思った!『この雛人形は近い将来どうするのだろう?』娘達が嫁ぎ先へ持っていくのか?娘達の成長の思い出として毎年実家で飾るのか?それとも、手放すのか?」とぼんやりと考えてしまったことを明かし、「考えても…まだまだ答えの出ないことですが…。」と少し寂しげに綴った。

画像引用:アメブロ



  1. 匿名 より:

    うちの娘のは七段かざり
    その子供(孫)は三段飾り 
    薬丸さん家のはシンプルですね
    名前旗とかは付けなかったのね

  2. 匿名 より:

    意外に小さい(・∀・)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。