生稲晃子、厚生労働省の仕事を報告『高山医師とお話させていただきました』

乳がんを経験した女優の生稲晃子が7日までに、自身のインスタグラムを更新。厚生労働省の仕事「人生会議」で、医師とリモート対談したことを報告した。

同投稿で生稲は「『人生会議(ACP:アドバンス ケア プランニング)』について、沖縄にいらっしゃる高山医師とお話させていただきました」と報告。

人生会議とは、もしものときのために、医療やケアについて家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、共有する取組のことで、生稲は「自分のため、家族のため、大切な仲間のためにとても必要なことだなと学ばせていただきました まずは、1人ぼっちにならずに、家族や周囲とコミュニケーションをとることから始めるといいのかもしれませんね」と対談した感想を綴った。

撮影場所は、自由学園明日館を使用したようで「重要文化財の建物で、とてもあたたかみのある素敵な場所でした」と撮影風景の写真数枚とともに綴った。

この投稿に、フォロワーなどからは「勉強になります 素敵な衣装と建物ですね!」「今は一人暮らしの高齢者の方が多いからね」「50年後100年後の医療の進歩はどうなっているのでしょうかね」「生稲さんの言葉は、いつも勉強になります」「素敵なお洋服でとてもお似合いです」「タイムスリップしたような素敵なスタジオ」などのコメントが寄せられている。

画像引用:インスタグラム



  1. 匿名 より:

    同じ癌患っても食生活が凄い人がいますね
    同病の方に寄り添うと言いながら何の参考にもならない人もいます
    毎日、どこ行きたい、何食べたい、ケミカルばかりとって生活改善出来ない人が

  2. 匿名 より:

    素敵なスタジオですね!
    陽の当たり方もなんだか和みます

  3. 匿名 より:

    堀さんにはもう病気の仕事こないんだねぇ
    早かった賞味期限…



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。