【世界対がんデー】古村比呂、癌に役立つ情報をシェア『行動を起こす日です』

【世界対がんデー】古村比呂、癌に役立つ情報をシェア『行動を起こす日です』

子宮頸癌を経験した女優の古村比呂が4日、自身のブログを更新。同日のワールドキャンサーデーに言及し、癌に役立つ情報をシェアした。

同投稿で古村は「今日2月4日はワールドキャンサーデー(世界対がんデー)」と切り出し、「世界中で人々ががんのために 一緒にできることを考え、行動を起こす日です。」と趣旨を説明。「私はがんになり『ネクストリボン』というイベントに参加させて頂き そのことを知りました。」と癌との共生社会を目指すプロジェクト「ネクストリボン」をきっかけに、意識するようになったことを明かした。

続けて「ほんの僅かな行動ですが情報シェアさせていただきます。」と自身にできる”行動”として、「緊急事態宣言時のがん患者の対応策、オンライン診療の活用策など、佐野武 がん研有明病院病院長 のメッセージが2本掲載されています。ご参考までに」と癌に役立つ情報をシェアした。

この投稿に、ブログコメント欄には「がんは早期発見した方が良いに越したことないですね。ありがとうございます」「知りませんでした。ありがとうございました。」と感謝のコメントが寄せられている。

画像引用:アメブロ



  1. 匿名 より:

    有言実行されててさすがだなぁと思いました。
    それに比べ…

    +1
    • 匿名 より:

      比べてはいけない、というか比べようがないですね。
      日々のブログでも参考になる事を書いてくれていますし…
      息子さんたちとも仲が良くてホッコリします。
      先日のPET検査も良好だったようで本当に良かったと思っています。

      +1
  2. 比呂さん❤ より:

    いつも行動的にされて、癌患者に寄り添おうとする姿が、癌患者の家族としても励まされております。ありがとうございます。比呂さんも、お身体 心配や不安がいっぱい(*´・ω・`)bね。どうか、御無理だけはなさらず日々をお過ごし下さい。

    +1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。