だいたひかる、乳がん告知前日に夫がとった行動とは『今となっては笑い話』

乳がんを乗り越え、現在不妊治療中のお笑いタレントのだいたひかるが25日、自身のブログを更新。今から5年前の乳がん告知前日の「今となっては笑い話」をシェアした。

5年前の1月26日に乳がんの告知を受けたというだいた。告知日は、担当医に『ご家族と一緒に結果を聞きに来て下さい』とお願いされたといい、「良性であってほしい気持ちから、やっぱりダメだったかの気持ちに…」と全てを悟ったことを明かした。

その一方で、夫は、告知前日の25日にこっそりと病院に連絡を取り「私だけに最初に結果を教えて下さい」とお願いしていたという。「病院に怒られちゃったそうですが 今となっては笑い話です」「結果が悪かった場合に、どうフォローしようか…一生懸命だったんだと思います」と優しい夫の気持ちを汲み取った。

 

ブログ記事内では、闘病中によく訪れていたレストランでの食事中の写真も公開。「手術も終わって抗がん剤も慣れてきて、よく行った夫の好物の焼肉屋さん」と説明し、「私も調子良い日しか、ご飯を作れなかったので、今よりガリガリしていますね 太れるって幸せなのかも!?」と記した。

この投稿に、ブログコメント欄には「旦那様、優しくてステキ。必死な気持ちだったでしょうね…。」「旦那様、本当に優しい方ですね~先に聞いて、心の準備したかったんですね」「旦那様は本当にひかるさんが大切で、守ろうとする意識が高いのですね」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 



  1. 優しさに包まれたなら より:

    目にみえるものは、すべてあなたへの ひかるさんへのメッセ-ジ❤松任谷由実さんごめんなさい!パクりました.

  2. 匿名 より:

    堀さんは確か1人で告知聞いたんですよね。
    えらい違いやー

    • 退院も より:

      1人。
      たくさんの荷物を抱えて1人ぼっちで帰宅した尼子さん。
      さみし〜い。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。