堀ちえみ、ボイトレに四苦八苦『左側のリンパ節を ごっそり取っているので...』

堀ちえみ、ボイトレに四苦八苦『左側のリンパ節を ごっそり取っているので…』

19年に舌癌の手術を受けたタレントの堀ちえみが22日、自身のブログを更新。リモートボイトレを報告した。

来年に予定しているデビュー40周年記念ライブに向け、定期的にボイトレに通っている堀。緊急事態宣言中はリモートレッスンに切り替えたようで、「2時間のレッスンです。ロングトーンや、リップロールなどで立ち上げて。」とタブレットに向かって練習している自撮りショットを公開した。

 

この日の課題曲は、86年1月にリリースされた17枚目のシングル「夢千秒」とのことで、「先生の素晴らしい ご指導に、心より感謝致しております。」と講師に感謝。「歌っている時は、本当にしあわせです。生まれてきてよかったと、歌っている時に実感。この調子で頑張っていきたいです。」と綴った。

夜に更新されたブログでは、この日のボイトレを振り返り「言葉がやはり不明瞭で、歌詞が伝わりにくいところがある」と指導を受けたことを告白。手術では舌の6割以上を切除し移植をしているため、発語の際は「中心よりも右側に歪む傾向にある」といい、「口元が歪んでも、喋りやすければいいかなと、思っていましたが。真っ直ぐにして声を出した方が、歌う時にも喋る時にも、言葉が伝わりやすいということが、分かりました。」と、気づきを綴った。

堀は「かなり意識してやらないと、左側のリンパ節を ごっそり取っているので、左右のバランスを取るのが難しい。」と大きな課題について、綴った。

この日の投稿に、ブログ読者からは「早見優さん松本伊代さんたちも40周年。コロナ禍の大変な時期『40周年したい』とは誰も言ってはいない…」「何を思って40周年コンサート?世の中そんなに甘くない。」「代表曲さえ私は知らない」「果たして誰が観に行くのだろう。。この時期わざわざ堀さんのライブに。。」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 

597件のフィードバック


49 / 491...«4546474849

  1. この記事の写真 より:

    堀ちえみのパンパンなお顔。富山の名菓で金沢駅や富山駅で販売してる水羊羹のような小さい水風船のように羊羮が黒、抹茶とかあって楊子で穴あけてツルッと食べるもの❗その水羊羹みたい。


49 / 491...«4546474849

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。