堀ちえみ、舌癌をきっかけに人生再スタート『反省もして、生き直しをしようと…』

19年に舌癌の手術を受けたタレント堀ちえみが21日、自身のブログを更新。ネガティブな感情を人にぶつけることについて「人に反論することは、負のエネルギーとなるだけで、誰の心にも響きません」と持論を綴った。

この日、外掃除をしていると「二羽の鳥がパタパタと羽根を広げて、少し遠くの木まで飛んで行きました。どうやら私の行動を、あなたたちはずっと見ているようね。お利口さんだこと(笑)」と鳥の行動を不審に感じたという堀。「私に警戒しているのかしら。遠くまで飛んで行かないということは、私に少しは興味があるのかしら。」と妄想を膨らませ、「どちらにしろ、共存していきましょう。ただ私の大切な花壇は荒らさないでね。」とパンジーなどが咲く、大切な花壇をアップした。

続けて、花壇に咲く綺麗なパンジーを摘みながら「本当の意味でのしあわせは何か」について考えたという堀。舌癌をきっかけに「病気でそれまでの自分の人生を、一度全て振り返り受け止めて、よく頑張ったね、という感じで、自分を褒めてあげて。それからは反省もして、生き直しをしようと決めました。」と、人生の再スタートを切ったことを明かした。

さらに、コロナ以降は「生きているうえで何が大切か。本当の愛は何か。」などについて考えさせられるという堀。コロナ禍で陥りがちなネガティブな感情について、「人に反論することは、負のエネルギーとなるだけで、誰の心にも響きません。」と持論を綴り、「誰かのせいにするのではなく、今生きていることに、感謝の気持ちで、日々を暮らしたいと思います。」とポジティブな解釈をシェアした。

この投稿に、ブログ読者からは「病んでる?」「意味がよく分かりませんでした(笑)」「何が言いたいのかさっぱりわからない」「何でパンジーを摘んでしまうの?」「綺麗に咲いているお花摘んだらかわいそう。」「鳥さんたち疑われてかわいそう」「鳥が花壇を荒らすとか大丈夫?」「鳥じゃなくて自分で摘んでるやんw」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ


31 / 35First...«2930313233»...Last

  1. 匿名 より:

    【魚拓】⑫
    《今日の家事いろいろ(自分が思っているほど絶望的ではないみたい)》

    https://archive.vn/S24zY

    「絶望」していたなんて初めて聞きましたよ
    不思議ですね
    あれだけ何でも食べられるひとが発語に関してはあーだこーだと言うのは
    同病の人たちは食べることの困難の方が大変なようですが。
    食べる舌と発語の舌は一緒ですよね

  2. 料理嫌いは耳タコで分かり切ってるから より:

    もうこうなりゃ365日
    家族分を堂々と配達してもらいーよ
    御年寄向けのとか
    宅食便とかあるじゃん。

  3. 匿名 より:

    この婆 更年期障害 と違うの?

    私もそうなんやけど・・・
    仕事には行けるのだけど 家事が全く出来なくて高校受験を控えてる娘がいるのだけど仕事帰りのダンナや娘に手伝ってもらいながら夕飯準備 洗濯物 掃除がやっと出来るって状況で・・

    ごめんなさい。ここの皆さんは優しいから愚痴ってしまいました(T‐T)

    • 匿名 より:

      堀さんは違うと思います
      旦那と遊びに行くときは超元気だから

    • 匿名 より:

      更年期は辛いですよね。症状はそれぞれでしょうけど、私は寝てる時にホットフラッシュがあって夜中に目が覚め、冬でも布団蹴飛ばしてます。

    • 匿名 より:

      堀さんはただの怠け者だと思うな。

  4. 匿名 より:

    本当に心底あきれました。
    趣味は「料理」ではなくて「人が作ってくれた料理を食べること」ですよね。
    プロフィール欄早急に書き換えてください。嘘をついていることになりますからね。ミントでしたっけ?
    「私は嘘はついていない」と断言していましたね。

    • 匿名 より:

      何ひとつ嘘はついていないって
      言っていましたよ
      速攻″嘘つきが!!″って突っ込みいれたわ

  5. 夢は歌を歌うこと、 より:

    の、一般の53歳のおばちゃん。


31 / 35First...«2930313233»...Last

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。