堀ちえみ、舌癌をきっかけに人生再スタート『反省もして、生き直しをしようと…』

19年に舌癌の手術を受けたタレント堀ちえみが21日、自身のブログを更新。ネガティブな感情を人にぶつけることについて「人に反論することは、負のエネルギーとなるだけで、誰の心にも響きません」と持論を綴った。

この日、外掃除をしていると「二羽の鳥がパタパタと羽根を広げて、少し遠くの木まで飛んで行きました。どうやら私の行動を、あなたたちはずっと見ているようね。お利口さんだこと(笑)」と鳥の行動を不審に感じたという堀。「私に警戒しているのかしら。遠くまで飛んで行かないということは、私に少しは興味があるのかしら。」と妄想を膨らませ、「どちらにしろ、共存していきましょう。ただ私の大切な花壇は荒らさないでね。」とパンジーなどが咲く、大切な花壇をアップした。

続けて、花壇に咲く綺麗なパンジーを摘みながら「本当の意味でのしあわせは何か」について考えたという堀。舌癌をきっかけに「病気でそれまでの自分の人生を、一度全て振り返り受け止めて、よく頑張ったね、という感じで、自分を褒めてあげて。それからは反省もして、生き直しをしようと決めました。」と、人生の再スタートを切ったことを明かした。

さらに、コロナ以降は「生きているうえで何が大切か。本当の愛は何か。」などについて考えさせられるという堀。コロナ禍で陥りがちなネガティブな感情について、「人に反論することは、負のエネルギーとなるだけで、誰の心にも響きません。」と持論を綴り、「誰かのせいにするのではなく、今生きていることに、感謝の気持ちで、日々を暮らしたいと思います。」とポジティブな解釈をシェアした。

この投稿に、ブログ読者からは「病んでる?」「意味がよく分かりませんでした(笑)」「何が言いたいのかさっぱりわからない」「何でパンジーを摘んでしまうの?」「綺麗に咲いているお花摘んだらかわいそう。」「鳥さんたち疑われてかわいそう」「鳥が花壇を荒らすとか大丈夫?」「鳥じゃなくて自分で摘んでるやんw」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ


25 / 35First...«2324252627»...Last

  1. 匿名 より:

    舌の厚みも気になるけど 汚れも気になってしまって気持ち悪いしマジマジと見れない

    やっぱり 嘘やろ! 舌がんは・・・

  2. 匿名 より:

    以前、たまたま観たBSでの、頭フリフリ、汗びっしょり、不快な鼻濁音、あれは放送事故だと思った。
    あれを一度でも観た方は、この人が歌手とは絶対思わないですよ。
    家族全員で固まってしまい、チャンネルを替える事も出来ない衝撃だった。

    • みました より:

      確実にプロではないです!
      きっと皆さんもそうだと思いますが
      なんなら私の方が断然上手いです!

  3. 匿名 より:

    何? 夢千秒って( ⊙᎑⊙ )

    嘘一秒。 歌:堀ちえみ

  4. 2019年10月にちちんぷいぷいに出演したときの画像 より:

    びっくりtokyoさんが載せて下さってます

    https://bit.ly/3iBpj9o

    まずこれを見ると普通に横の歯と同じ位置にあるから平らですよね。
    だいたい形成外科で皮弁を作るのは最初に大きく作りそれが日が経つと自然に平らになるそうです
    Tさんはじめ10数人位の方の皮弁を見せてもらいましたが、皆さん術後数ヵ月で平らになっているようです。
    あんなにこんもりしていたら食べたものも奥まで行きにくいはずなのに、何でも普通に食べている。
    そして「私の舌は何故丸いか」…私だったら形成外科に行って相談しますが、少しも形成外科に行かないであの丸い舌で納得しているのか?

    極めて疑問ばかりですね!

  5. 匿名 より:

    不思議な再建舌…
    他の再建された舌癌患者さん達とは全く違って見えますね。
    術後2年近く経つのに何故あんなにこんもりしてるんでしょうか。
    最大まで拡大した画像をURL化したものですが…

    https://f.easyuploader.app/eu-prd/upload/20210122203905_4956453246634a7472466c766d474971.png

    • カビが生えたような より:

      舌ですね。
      つなぎ目もありませんがどのようにつないだのでしょう。
      あのカビのような白い粉みたいなのは何でしょう。


25 / 35First...«2324252627»...Last

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。