堀ちえみ、リモートボイトレを報告『私にとって、ボイトレ出来ないということが一番辛い!』

80年代アイドルでタレントの堀ちえみが13日、自身のブログを更新。ボイトレ報告と、過去の栄光を振り返った。

来年にデビュー40周年記念ライブを予定し、定期的にボイトレに通っている堀。この日は、リモートでレッスンを受けたようで「リモートだと時差があるので、ピアノの音と同時に発声して、歌うことはできません」と不便さもあるようだが、緊急事態宣言期間中でも指導のもとで「声は出せるので出来ないよりは、ずっとずっといいです。」とした。

「今の私にとって、ボイトレ出来ないということが一番辛い!」と歌唱に熱心な堀は、「2時間のレッスンのあと、そのまま(課題曲の)「リ・ボ・ン」を、練習したくなり…先生とのレッスンを終えた後、そのまま自主ボイトレをしてしまいました。」と、計5時間練習したことを明かした。

 

続けて更新されたブログでは、「あのキラキラした時代を思いながら歌う」と過去の栄光を振り返る堀。「いつかファンの皆様と一緒に、『リ・ボ・ン』を歌うことができる日が、実現した時は。キラキラと輝いていた、元気の塊だったあの時代を思い出しながら。とびっきりの笑顔で歌おうね。」とファンに向けて綴った。

この日の投稿に、ブログ読者からは「5時間も近所迷惑では?」「夏色のナンシーもセンチメンタルジャーニーも歌えるけど、リボンは知らない…」「ボイトレしても ラジオなど来るのは全く関係のないお仕事ばかりですね」「ボイトレ五時間?カラオケのフリータイムかよ‪w」「喉に悪いよ 毎日コツコツしなければ」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


1 / 4112345»...Last

  1. 舌癌ステージ4の真実 より:

    昨日の最後のブログにも『前だけを向いていく』とか言ってましたが、
    同病のひとは毎日毎日いかに食べること話すことが出来るようになるか、再発しないで暮らしてゆけるか、それは大変か思いで一日一日暮らしてらっしゃいますよ。

    堀さんは【舌癌ステージ4】の重みを本当に知っていますか?
    ブログのタイトル『舌癌ステージ4』の、方は再再再発され、辛い抗癌剤治療をされてやっと腫瘍は小さくなったようですが、その腫瘍があったところが穴のようになっているので、そこをそのままにするのか穴を塞ぐための形成外科のお世話になるか…もし手術となると『後遺症は覚悟してください』と言われているとか……でも『これ以上手術に耐えられるか…』とも言われています。コメント欄では『後遺症が残っても生きる道を選んで下さい!』という応援の言葉がたくさんありました…。
    『まさかの舌癌との共同生活』というタイトルの方はやはり【ステージ4】で再発され、放射線治療や抗癌剤治療の苦しい時を経て、最近のブログで言われていました。『延命の治療をし続けていて、これ以上治療に耐えられない時がきたら、私には自分でゴールを決められるという選択肢がある』と言われています。

    堀さん、この方々のようにギリギリの気持ちになったことがありますか?
    手術をし、二週間後には医師に『癌はすべてきれいに取り除いていますので追加治療はしません』と言われる。綺麗に取り除いていても目に見えないレベルの癌が転移再発の可能性が限りなく大きいのがリンパ節転移のステージ4なのに、あっさり追加治療をしないと決定される。
    退院=完治のような勢いで本人は毎日街を動き回る、毎日違うところでランチをし、可動部の大半が皮弁なのに蕎麦は3分で啜るし、散らばるものでもなぜか堀さんの皮弁はキレイに食べ物を喉まで運ぶ。

    一番驚いたのが堀さんは韓国映画を見ていたときにその主役の食べ方について
    『人間性を表す手段として食べてる姿や所作ってとても大事だと思いました』『食べてるときの所作は大事ですね』

    https://archive.is/lxoQO

    驚愕しましたよ。堀さんはこれを書いたときには自分が6割が皮弁ということは頭になかったのでしょうか。
    同病の方々は【所作】どころではないですよ。麺類を食べるときは細かくちぎって小皿に入れて上を向いて喉の奥に流し込むそうです。お店で食べるときも。
    本当に大変そうです。皆さん一所懸命です。
    よく所作とか食べている姿とか言えますね。
    堀さんの舌が全く皮弁ではなく自分のものなら理解できますが…。

    堀さんのほとんどの不可解な事は【皮弁ではなく自分の舌なら】…理解できます。
    昨日『いつの時代にも前にしか進まない』とか言ってましたが、堀さんが言うと『過去?私が何を言ったかもう忘れました。振り返ったって仕方がないから聞く耳は持ちません!』と同義語に聞こえますよ。
    そうはいきません。
    あなたは一昨日にも自分は『ステージ4』だとハッキリと言ってますが、あまりにも日頃の言動が『ステージ4』ではそぐわない。
    それで本も出しお金も発生しましたよね。
    知らん顔は出来ませんよ
    口だけではなくて医師がちゃんと認めて書いた診断書を見せてください。
    私たちは無理難題は言ってませんよね。
    東大病院の窓口で申請すれば取得できるものですから。
    でないといつまでもスッキリと『リボン』は歌えませんよ。

    • 匿名 より:

      診断書見せろ!
      診断書見せろ!
      診断書見せろ!

      本当に、何時まで待たせるの?
      早く見せてよ、ステージ4なら。

      • 匿名 より:

        ステージ4の出版社って診断書の確認してるのかな。今頃気になった。

        • 匿名 より:

          してないと思いますよ
          出版社に見せるくらいなら、とっくに疑惑いっぱいなんだから見せると思いますよ、本当にあったら。

  2. 匿名 より:

    1年以上もボイトレ続けなきゃコンサートができないような人は歌手には向いてません才能ありません。諦めましょう。

    • 腹式呼吸してない! より:

      お腹から声が出ない、出せず喉からで歌おうとするから首筋張り出して、歌えてないの丸わかり。

      お腹から声出せなかったら、そう何曲も歌えないでしょうし、仰る様に何年ボイトレしても無理、無駄です です です。

      腹筋位鍛えたら?
      ご立派に器具だけはごちゃごちゃとお持ちですが、どれも1日坊主で身体からの鍛錬ごともしないとだけど、まぁ~しないのでしょうね!

      歌手の人はパーソナルトレーナーとか雇って家やジムでマンツーマンでやってるのに、この人は歌えば何とかなるとでも思ってて、甘いよね❗
      世間をなめるな!

  3. だいたひかるさん より:

    昨日にも貼りましたが
    こちらにも貼っておきますね
    堀さんとだいたひかるさんはおなじ大学病院
    これから東大病院も益々大変な状況になると思う。
    経過観察ならやはり病院的にも本人の事を思っても伸ばしましょう…となるのでしょうね
    そもそも堀さんはリウマチも安定していると自分でも言っているのに毎月のように血液検査をし、肌の乾燥のための皮膚科に行く?あり得ないですよ

    口実が無くなりましたね。

    https://archive.is/c3v7Z

    • 匿名 より:

      この人はあちこち受診して食事にオヤツに…
      呆れます。

    • 匿名 より:

      だいたさんの様に、術後ある程度年月がたったら経過観察の診察や採血は三ヶ月に一度のサイクルでしょう。
      毎月絶食で採血を伴う診察を大学病院で受けているなら、進行中の病気が他にもあるの?
      投薬も大学病院なら三ヶ月分の処方箋をだせるのに、一ヶ月毎の通院なのは何故でしょう。
      コロナ禍で大学病院も患者の通院頻度を減らしているのに、不思議です。

  4. 匿名 より:

    だいたひかるさんは病院から電話が来て受診の予約3ヶ月延ばしたとか。

  5. 匿名 より:

    芸能界に居場所ない堀ちえみ。
    堀ちえみ?誰それ?って言われる。


1 / 4112345»...Last

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。