早見優、ワクチン接種率格差を問題提起『わずか20円で助かる命があります』

早見優、ワクチン接種率格差を問題提起『わずか20円で助かる命があります』

タレントの早見優が23日、自身のブログを更新。来年1月にBS12で放送予定の「ワンアクション〜世界の子どもを救う第一歩」で、ナレーションを担当したことを報告した。

同投稿で早見は「日本では当たり前のように受けられるワクチンですが、世界では、ワクチンを受けられなくて命を落としている子どもが1日に4000人もいるのです。」と貧困地区のワクチン接種率格差を問題提起。

 

番組では「わずか20円で助かる命があります」というチャリティー活動を取り上げるようで、「この取り組みをサポートしてくださる方々、企業の取り組みなど、さまざまなレポートのナレーションをつとめさていただきます。」と早見。「ワンアクション!あなたも一緒にはじめませんか。」と呼びかけた。

この投稿に、ブログ読者からは「番組を観て、何かの形でプラスワンアクション起こせたらと思ってます!」「20円で救える命が有るんですね とても興味深いです。」など、反響を呼んでいる。

画像引用:アメブロ

 

3件のフィードバック



  1. 匿名 より:

    優さんらしい活動、本当に素敵です。
    応援しています!!!

  2. 匿名 より:

    排水管とチャリティーのこの差よw
    チーちゃんかわいそうw



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。