だいたひかる、放射線治療に役立った服を紹介『思い出深く捨てづらい』

だいたひかる、放射線治療に役立った服を紹介『思い出深く捨てづらい』

乳がんを経験したお笑いタレントのだいたひかるが15日、自身のブログを更新。放射線治療に役立ったという洋服を紹介した。

2016年に乳がんが発覚し、右乳房を全摘。19年3月に乳がんが再発し全25回の放射線治療を受けたことを公表しているだいたは、同投稿で「私が放射線治療した頃は春で汗ばむから カラダにかかれた線が(放射する目安)洋服につくから、濃い色の服を選んで着て通っていました!」と治療中に選択していたトップスを紹介。

 

ブランドはプチプラのものを好んで購入していたようで「袖が擦れて痛くないように…袖の広いカットソーやシャツを吟味して、購入して着ていました」と選ぶポイントも明かした。

治療後も着やすいという理由で、しばらく捨てられずにいたというが、「洗濯して色が褪せたりして…時の流れを感じつつ 断捨離する事にしました!」と思い切って発表。「何となく制服を捨てるような!?清々しいような!?思い出深く捨てづらいような!?でも今は前だけを向きたいので、あの時の自分は思い出とします!」と心機一転、綴った。

だいたは「治療中の方の参考になったら幸いです」と、同病者へメッセージを残した。

この投稿に、ブログ読者からは「私も後へ続けるよう頑張ろうと思えます」「私も同じように心掛けています」「そうですね これから過去は消して 未来へ向かう為に 前進あるのみです」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 

3件のフィードバック



  1. 匿名 より:

    先週、乳ガン摘出手術を受けました。
    早ければ来月から5週間で25回連続(土日除く)の放射線治療が始まります。

    ペンの色が洋服に移ってしまうのですか。
    こういう経験者からの情報は些細でも非常に有益です。

    堀ちえみさんもさぁ、少しは具体的で同病者に役立つ情報出しなよ。
    泣きながら家族愛とか精神論語ってるだけじゃ、詐病扱いされて当然だよ。

  2. 匿名 より:

    こういう情報は読者にありがたいと思います。
    ありがとうございます( ´ ▽ ` )

  3. ひかるさんも大変でしたね❤ より:

    これからも、同病のかたに寄り添ってブログ発信して下さい。ムリは禁物ですね♠かげなから応援してます♣



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。