渡辺徹、東京藝術大学で講義『スケジュールが合わず2年ぶり』

渡辺徹、東京藝術大学で講義『スケジュールが合わず2年ぶり』

俳優の渡辺徹が4日、自身のブログを更新。東京藝術大学にて、約2年ぶりに講義をしたことを報告した。

芸能活動以外に、城西国際大学のメディア学部特任教授、東京藝術大学の非常勤講師などを務めるインテリな渡辺。同投稿では「非常勤講師を務めさせて頂いている東京藝術大学で講義をしてきた」と切り出し、「昨年はスケジュールが合わず 2年ぶりだ」と久々に講師として講義に参加したことを綴った。

 

今回のテーマは「劇場芸術論」について1時間半の講義をしたようで、「1年生から4年生、そして大学院生まで 毎回大勢の学生が参加してくれ 熱心に耳を傾けてくれる」と渡辺。「表現者のエネルギーの枯渇問題」や「表現継続の心の維持の仕方」などを取り上げ「全てを終えると 心地良い疲労を感じる」と無事終えたことを明かした。

この投稿に、ブログ読者からは「芸大で 講師を なさったなんて 素晴らしいです。」「リモートが多い中で、対面の授業が受けられるのは幸せなことですね。」「学生さん達が羨ましいなぁ」「1時間半も話ができること、すごいです!」など、驚きのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 



  1. 匿名 より:

    意外な経歴w ちょっとびっくりしました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。