堀ちえみ、マスク生活が発語トレーニングに『すごいスピードで言語がスムーズに』

昨年2月にステージ4の舌癌の手術を受けたタレントの堀ちえみが30日、自身のブログを更新。コロナによるマスク生活が発語トレーニングとなり、「すごいスピードで、言語がスムーズになってきました。」と驚きを綴った。

翌日の予定について「明日は大学病院です。(発語の)リハビリもあります。」と明かした堀。ここ最近は「すごいスピードで、言語がスムーズになってきました。」と喋りが良くなってきたようで「マスクとアクリル板の日常になって、益々鍛えられた感じがしますね(笑)」とコロナにある意味で助けられたことを明かした。

 

手術以降は「普通に発語しても、なかなか伝わらなくて、悔しい思いをしていたのに…」と日常的に苦労をし、さらにコロナによるマスク生活で「外出時にはマスクを欠かせない、ビニールシートやアクリル板越しに、店員さんと話をしなければならない日常に。」とストレスもあったという。一方では「それがいいトレーニングになった」と良い影響を与えたようで、「マスクを装着し、しかもプラスアクリル板越しでも、ちゃんと通じるようになってきました!」と回復に喜んだ。

この報告に、ブログ読者からは「この状況で大学病院にリハビリ?」「感染者が増えているのに通院?私は主治医から直接連絡がありました。」「堀さんの通っている大学病院ではリハビリは急を要するものなんですね。」「また大学病院?どうしてこんなに頻繁に予約取れるの?不思議な事ばかり…」「同病の方々も言われていますが、堀さんのは治りのスピードが早すぎますよ?」「発語が伝わらない?講演会でめちゃくちゃ早口で喋ってたじゃん」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


22 / 44First...«2021222324»...Last

  1. 匿名 より:

    あれだけ病院行くのコメント多すぎてリウマチ設定?
    今日はもうブログやめたらいかが?
    ブログに追われて生活に余裕無くなってる感じ
    …でまた弁当?
    面倒なんだね作るのが
    でもブログはめんどくさくないんだ

  2. 匿名 より:

    いつまでも舌癌のことばかり強調していると、人前に出るたびに、わざとらしく話さないといけないから、もう自分も飽きて疲れてきたのでしょう。テレビの仕事は、これだけ世間の疑惑の目を向けられたあの人には、もう入ってこないと思います。彼女が出演すれば、苦情や抗議のメールや電話がひどくて、対応に追われることは、関係者の中でも周知の事実でしょうし。
    あれだけ朝から食べられて、体調不良で食欲がありません?笑ってしまいます。
    さんざん遊びまくって、都合のいい身体ですね。私も癌経験者で、同じ50代ですが、抗がん剤治療で医療費がかかるので、通院治療をしながら、副作用を抑える薬をいただいて、仕事に出ています。ですから、休日はなるべく最低限の家事をしたら、身体を休めないと家族や職場の人に迷惑をかけるので、本当に時間を効率的に使っています。癌になって、学んだはずの堀ちえみがは、一体何を学んだのでしょう?
    大病を宣言して、世間の人の同情を集めて、今までの自己申告した病気で味をしめて、お金になることに必死になって。たとえそれが詐欺だ❗ウソだ❗とどんなに叩かれようと、かえってそれをまた利用して、ますます信じられない行動をする。
    もう誰もリハビリ行ってるなんて思ってない。ブログネタないからって、証拠も薬の名前さえも出せない病気をネタにするって、ホントにこんな人が芸能界にいていいんでしょうか。人として、やっていいことと駄目なことの判断もできないなんて、呆れ果てて。
    病気じゃなくて、歌手だって言い張るんなら、まともに歌で勝負したらいいんでは?
    最低の人間になってしまいますよ。

  3. 匿名 より:

    ブログ更新お休み出来ないのかしらねー。
    今日はもう⑦更新済みだしたまには10以下でも良いのでは?

    いつも魚拓ありがとうございます。

  4. 匿名 より:

    きっと歯磨きしてないわ

  5. 匿名 より:

    ここを見て急に診察キャンセルした事にしたの丸わかり!
    そして お次は急にリウマチネタですか?
    私も あなたの事はちっとも心配、同情しないよ また週末になると 超元気になるのわかってるからね。激怒


22 / 44First...«2021222324»...Last

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。