堀ちえみ、癌フォーラムで誹謗中傷風評被害訴え『詐欺だとか私に言う分にはいいけど…』

14日に開催された“ちゃやまちキャンサーフォーラム”(MBS)にタレントの堀ちえみが出演。癌公表による誹謗中傷について、風評被害を訴えた。

癌を公表することについて「可哀想だと思って欲しいとか同情してもらいたいとか、そういう気持ちもなくて、逆に可哀想と思って欲しくもないし、思われると悲しくなる。」という姿勢でいたという堀。しかしネットには思いの外、悲劇のヒロインを演じているような誤解や捉え方をされてしまい、「それ(癌)を『商売に繋げてる』と言うことは勝手だと思う。(けれど)それを(出演する)仕事先に連絡をしたり、関係してる企業さんに抗議の電話を入れたり。社会復帰をしたら(癌は)嘘だったとか、詐欺だとか、私に言う分にはいいけど周りに言うのはちょっと違うんじゃないか。」と風評被害を訴えた。

 

MCのMBSアナウンサー・高井美紀に「一方で、公表したから届いたあたたかい声もありますよね」と聞かれると、堀は「そちらの方も…そちらの方が大半」といい、「(手術から)1年8ヶ月経ったんですけど、この人生も運命だったと思ってよしとするかって。それはSNSでいつも励ましてくれるたくさんの声、同じ癌サバイバーの方たちの声が私の支え」であったと、涙をにじませ語った。

今回、SNSでの誹謗中傷を取り上げたことについて同局アナウンサー・河田直也に「SNSの誹謗中傷を公表しない選択肢もあったでしょ?言っちゃうとまた(批判が)辛くなりません?」と指摘されると、堀は「言うとまた『何言ってんだ』」という批判は覚悟の上とし、それについては「構わない」とした。しかし、「こういう現実がありますってことを同じ思いをしている人がいらっしゃると思うので、私はこういう事実があるとお伝えしたほうがいいなと思って。」と考えを述べた。

次の目標について聞かれると、堀は「デビュー40周年が再来年あるので、そこに向かって1曲でも多く歌えるように頑張りたいな」と意気込みを語った。

堀の出演に、視聴者からは「誤解も何も告知の際に緩和ケアも選択肢としてドクターから言われたんじゃないの?」「身振り手振りで、よく喋られますね。」「6割皮弁の人の喋りとは思えなかった」「ガンをアピール、宣伝してたじゃないですか?診断書公開を求められるのも当然かと」「結局何しにフォーラムへいったの?私は悪くないって擁護される為?」「同病者に全く参考にならない内容でしたね」などの感想が寄せられた。

画像引用:ちゃやまちキャンサーフォーラム

 


48 / 48First...«4445464748

  1. キャンサーフォーラムで より:

    勝俣医師が『白衣を着ると患者さんが遠慮がちになるので普段は白衣を着ないようにしている』とおっしゃった事に高井アナが驚きながら
    『堀さんが通院してる先生は?』と聞くと
    堀さんは一瞬、言葉につまり、しどろもどろな感じになりました。
    普段から、あれだけ頻繁に大学病院に通院してるのだから、はっきりと即答できるはずではないでしょうか。
    さらに疑惑が深まりました。


48 / 48First...«4445464748

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。