中村江里子、エルメス手帳愛を綴りツッコミの嵐「手帳に金かけるって昭和」

フランス・パリ在住で、元フジテレビのフリーアナウンサー中村江里子が13日、自身のインスタグラムを更新。年に一度、高級ブランド店・エルメスを訪れる理由が「翌年のリフィルを10月に買う」ためと語った。

同投稿で中村は「年に1回、10月、私が訪れるお店があります。エルメス 私は25年以上、エルメスの手帳を愛用しているので、翌年のリフィルを10月に買うのが楽しみなのです」とし、エルメスの紙袋を持ったショットをアップ。

 

「ただ今年は生産が遅れていたようで、10月、まだリフィルは入荷されていませんでした。そして今日、お店から入荷の連絡が! 早く来年のスケジュールを書き込みたく、お店に向かいました。今、フランスはロックダウン中なので開店出来ないのですが、インターネットでの購入や私のように予約をしていた場合、お店でピックアップが出来ます。2021年の家族や学校のスケジュールを書き込むのが楽しみ」とつづった。

この投稿に、ネット上では「はいはいエルメスエルメス」「手帳に金かけるって、昭和だな」「まさにバブル」「おフランスガー おパリガー」「ロックダウン中に手帳のレフィルなんか買いに行けるんだな」「能天気な悩みだね」などのコメントが寄せられた。

画像引用:インスタグラム

 



  1. 匿名 より:

    コロナで大変な時にエルメスって(呆)
    ブログで発信すること?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。