坂口杏里、歌舞伎町トラブルを告白『怪我です ヒビも入っていました』

違法薬物使用を理由とし歌舞伎町のバーをクビになった元タレントでYouTuberの坂口杏里が9日、自身のインスタグラムを更新。「レントゲン撮りました ヒビも入っていました」とトラブルを訴えた。

同投稿で坂口は、足首の写真を添え「怪我です」「肋も実はレントゲン撮りました ヒビも入っていました」と第三者による被害を告白。

続けて「misonoさん」と写る電話画面のスクリーンショットをアップし「misono姉さんには全ての悩みを聞いてもらい、的確なアドバイスくれます。」と歌手・misonoとのプライベートでの交流を公にしつつ、「くったくのない元気な声、前向きでポジティブなアドバイス。」と相談に乗ってもらっていることを明かした。

坂口は今月4日、務めていた歌舞伎町のバーのオーナーより「坂口あんりは本日をもって歌舞伎町SEAをクビと致しました。今後一切関わりはございませんので、御周知よろしくお願いします。—使用者は再起不可能と判断致しました。」とツイッターを通して解雇に。オーナーは「お店に出勤をしなくなり、心配をした従業員達が家に様子を見に行ったらどんな — を使用したかは分からないですがニュースになるのもかわいそうだったし捕まるのもかわいそう…」と復帰に向け介護するも、再起不能と判断したとしている。

一連の騒動に、ネット上では「お大事になさってください」「被害届け出した方がいい」「心の傷の方が心配…」「misonoの名前出さないであげてよ」「取り敢えず周囲を巻き込むな」「これ以上、自分をボロボロにするのはやめて」などのコメントが寄せられている。

画像引用:インスタグラム

 



  1. 匿名 より:

    misono名前出されてドンマイすぎるw



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。