加藤紗里、根も葉もない誹謗中傷でIP開示へ『特定して自宅にいって動画で晒す』

タレントの加藤紗里が26日、「不動産詐欺、猫死んだ詐欺、パパあっせん詐欺」など、根も葉もない誹謗中傷コメントに対して法的措置を取ることを発表した。

加藤は自身のインスタグラムで「匿名だからってあることないこと書くアンチたちへ」とし、「インスタやYouTubeで見てるのは一部分にすぎないのにあたかも全てを見てきたかのように叩く。だからこれからあまりにひどいアンチに関してはIP情報開示していきますね」と警告。

 

自身のYouTubeチャンネルでは、中傷コメントの量が多いため、弁護士と相談し訴えるものを選別するとし「不動産詐欺、猫死んだ詐欺、パパあっせん詐欺など 作り話をするな。言った事ない。」と語った。

また、声出演の動画スタッフからは、悪質な投稿者に対し「5-6人くらい特定して、自宅にいって動画で晒す。叩かれる気分を教えてあげたら?倍返しだ」という晒し案も出ており、今後の対応が注目されている。

この発表に、ネット上では「黙ってやりなよ 政府機関使うならネタにするな」「裁判所って法のもとに正義を執行する機関なのに」「炎上して喜んでるタイプ」「自分が脅迫してるのに気付かない残念タイプ」「やるなら徹底的にどうぞ」などと物議を醸している。

画像引用:YouTube

 



  1. 自宅行って より:

    写真撮って晒す・・って。
    誹謗中傷より罪が重くない?

  2. 匿名 より:

    狩野英孝の騒動でデビューしたくせによく言うよw

  3. 匿名 より:

    炎上商法ですね。春風ちゃんがなんと言うか笑



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。