堀ちえみ、夕食の食べ過ぎでお腹ゴロゴロ『何度もお腹の音で目が覚めちゃいました』

タレントの堀ちえみが28日、自身のブログを更新。「胃を休める食事を心掛けたいと思います」とし、1日の食事メニューを公開した。

前日夜の投稿で、消化不良による食欲不振を訴えながら、ボリューミーな夕食写真をアップし「胃が悪くて食欲がなかった人の食事ではない」などと猛ツッコミを受けた堀。

これを受け翌朝、堀は「もちろんあれだけの量を、全て完食出来なかった訳ですが、するつもりでいました。」「体重計に乗ったら、2㎏も減っていて、焦ったのも原因でした。」と夕食写真について説明。そのせいで「昨夜は夜中じゅう、ずっとお腹がゴロゴロと鳴り、何度もお腹の音で目が覚めちゃいましたね。」と明かした。

 

そんな堀は朝食にコーヒーとグラノーラなど、何故か消化に悪いものをチョイス。「コーヒーもとても美味しく感じます。ヨーグルトも身体にいいし。」と食欲はあるようだった。

昼食は「胃を休める食事を心掛けたいと思います。」とし、「お粥と鰹節。よく煮込んだ大根の味噌汁。」のあっさりメニューを手作りしたことを報告。息子には簡単にレトルトカレーを温めたようで「とてもいい香りがしますが、まだ食べたいとは思えませんでした。ということは、胃休めごはんの方が、まだまだいいのだと思います。」と体調を分析した。

夕食は「鮭のホイル焼き」をメインとし、刺身、あさりのすまし汁、お粥を食べたことを報告。「明日はそろそろ普通のご飯でも、大丈夫かなぁ…でもお粥美味しいからね!」と思いを綴った。

食後のデザートには、コンビニのホットコーヒーとプリンを食べたことを報告。「ブリュレシートが上にあり、それを砕いて下にある、柔らかいプリンと混ぜて食べます。すると一番底の部分にカラメルが!」とデザートを食べれるまでに回復したようだった。

この日の投稿に、ブログ読者からは「胃腸の調子悪いんやろ。プリンにコーヒー?」「胃の調子悪ければ、珈琲飲めないよ」「胃の調子が悪い人とは、思えない量ですね」「いや、いや、昨日しっかり新米食べてたじゃんw」「昨日の夕食に、あれだけ油っぽいものを食べておきながら、今更何を…」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


24 / 38First...«2223242526»...Last

  1. 匿名 より:

    私は乳ガンと甲状腺ガンが同時に見つかり、二回の手術が終わって、しばらく身体の回復を待って抗がん剤に入りました。
    甲状腺は耳鼻科の中の頚頭部腫瘍科で、2年半経った今でも、3ヶ月に一度CTで検査を受けていますよ。東京ではありませんが、大学病院です。
    堀ちえみさんは、リハビリは終わったと自分で言っておきながら、毎月何回も通院しているように言っていますが、肝心な検査の内容は詳しく説明せず、お茶したタリーズの写真だけは、しっかり載せる。
    こんな分かりやすいウソブログ、いい大人がよく書けますね。自分が特別だとでも思ってます?
    芸能人だから、キズもわからないように、王道の手術で配慮してくれました的な。
    同じ病気で同じ東大病院で手術して、芸能人と一般人は扱いが違うとしたら、それこそ大問題ではないでしょうか。
    小学生程度の知能並の発言ですが、病院に迷惑がかかるなんて、きっと考えることも出来ないんでしょうね。
    呆れるばかりです。

  2. 匿名 より:

    ちゃやまちキャンサーフォーラムに向けて
    しっかり根回せんといけないね、ちえみはん
    医師が尼子の悪巧みに加担するとは思えんけど
    高崎で襤褸を出しまくったようやし
    ちゃやまちキャンサーフォーラムでは盛大に嘘がバレて、週刊誌やワイドショーの主役になるよう期待しとるで!!
    最後の悪足掻きになるように願ってるから

  3. 匿名 より:

    病院の中になかったけ?

  4. 匿名 より:

    病人のふりをするのと通院するふりをするのはもうやめたら?
    これが一番、同病者を傷つけてることにそろそろ気づきなさい

  5. 舌癌患者 より:

    私も舌亜全摘手術をしましたが、言語聴覚士によるリハビリは入院中の約1か月間だけでした。その時は一般的に亜全摘手術と再建手術を受けた患者が共通して発音しにくい音を出すコツを教えてもらい、ひたすら自主トレをするだけ。あとはどんどん人と話していくことが一番のリハビリですと言われました。 ちえみがよく言うような壮絶なリハビリは経験していません。
    ちえみは、いまだに大学病院でリハビリを受けたり、自分のために一つ一つ音を作って下さいましたと言ったり、又 人前に出る仕事なので首の手術跡を目立たないようにして下さいましたと言ったり、、、、
    同病者に寄り添うどころか同病者が悲観的になってしまいそうなことばかり発信しています。

    • 匿名 より:

      まぁ、それぞれですね
      あのTさんはマンツーマンでリハビリを受けてらっしゃるし。
      でも、堀さんのように度々行く人は他にはいませんね

      • 舌癌患者 より:

        私もTさんと同じ病院でした。そしてマンツーマンのリハビリでした。でも堀さんのようには退院後はそのリハビリを受けることはできないし、それぞれの患者のために音を作るようなことはしてくれません。
        例えば、タ は舌先を上歯茎に当てて空気を強めに出す とか一般的な方法を教えてくださいましたが、堀さんのよく言っている 私のために一音一音を作ってくださいました は違うと思います。
        彼女は何でも自分のために特別何かをしてもらうのが好きなのでこのような表現をしてしまうのでしょうが、ひとりひとりの患者に合わせて音の出し方を作るという表現は誤解を招くのでやめてほしいです。

    • 匿名 より:

      この間も舌亜全摘の人が来た覚えが
      来たらそのままでもう来ない。あとからあとから新しい舌亜全摘の人が来てあっという間にいいねごふえる

    • 匿名 より:

      又あなた嘘書いてる
      そんなにいいねがほしいの


24 / 38First...«2223242526»...Last

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。