パリ在住の中村江里子、SNSハッキング被害でアカウント消滅『再現することは不可能』

フランス・パリ在住で、元フジテレビのフリーアナウンサー中村江里子が、今年5月にスタートさせた自身のインスタグラムアカウントが、ハッキング被害により消滅してしまったことを明かした。

中村は「息子にサポートしてもらいながら、これまでに119回、投稿をさせていただき、10月19日の月曜日にはフォロワー数が10万人を超えました!!!」という思い入れのあったアカウントについて、「何者か?第三者の手により・・・・アカウントが消滅してしまいました。」と突然、全くログインできない状況になってしまったという。

日本の事務所に助けを求めると「誰もアクセスができなくなっていました。」とどうにもならない状況のようで、「写真もフォロワーも全てなくなっていました。そして現在はアカウント自体、全く存在しません。」「なんとかアカウントに接続を試みましたが、全てのインフォメーションが書き換えられてしまい、自分のインスタなのにどうにもできない状況になっています。」と被害を告白した。

現在、「諦めずに様々な方法で以前の投稿が見られるように頑張っています。」とアカウント復元を試みているようだが、「ダメな場合は新たなアカウントでゼロからスタートします!!!」とした。

この報告に、ネット上では「いまどき二段階認証すらやってなかった?」「それ犯罪だから警察いきましょう」「長く使ってると財産な感じはあるね」「最近フォロアー数が多いアカウントの乗っ取りが多いね」「酔っぱらった勢いで全消ししたんじゃないの」「乗っ取りだったらアカウント消す意味がわからん」「消えたというのが なんとも腑に落ちない」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ



  1. 匿名 より:

    変なものアップしちゃって急いで消したとか?w



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。